再婚後、多感な夫の連れ子を幸せにする方法

うつ状態になっている娘を救うには?

それだけ多くの病院で検査を受けられたのに、幸子さんは鬱などの精神疾患とは診断されてないのですね。実際過呼吸(症候群)は、強い不安感や精神的なショックやストレス、緊張感、そしてその症状への不安感で繰り返すという悪循環が、原因の一つにあるそうですね。

義母が鬱だと疑うその症状も、家族の対応次第で良くもなり悪くもなるそうですから、幸子さんと義母を離すのは、リツコ様が仰るように、緊急問題ですね。

愛される実感なく育った、幸子さんのトラウマ

この連載の過去記事はこちら

実際、お友達と楽しく遊べたり、家族が揃えば楽しく食事ができるのですから、(あくまでご相談文の情報にのみ依拠した推測ですが)幸子さんの不調の原因は、その祖母が原因の一つである可能性は大きいですね。通院が必要な鬱の人は、このようなことができないのですから。

過呼吸で倒れるまででない健康な人でも、身内のことを繰り返し罵倒されると不愉快なものですし、それを成長期に経験した人は、トラウマとなる場合が多いです。まして幸子さんの場合は(事情があったにせよ)6歳で実母と引き裂かれました。以来母親のことを罵倒され続け、その遺伝で自分も鬱のような症状を出すと言われ続けてきました。

よほどの鈍感者でない限り、心身に不調をきたしますよね。当時の彼女は可哀想なことに、母親が一番必要なわずか6歳だったのですから。

(10年も前に縁が無くなった)そんな可哀想な幸子さんの実母を、現在進行形で罵倒し続ける義母の執念深さは異常です。この人が「幸子は自分が何とかする」と言って、何とかできるものではありません。症状は悪化するだけです。そして義母の幸子さんへの愛は、歪んでいます。むしろ意地か執着の変形版です。幸子さんは気の毒なことに、誰からも愛されているという実感を持てずに、多感なこの10年間を過ごしてきたことになります。本当に気の毒です。

次ページ家族の外にも、解決策のオプションが存在
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • iPhoneの裏技
  • 岐路に立つ日本の財政
  • 賃金・生涯給料ランキング
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
地銀 最終局面<br>首相が追い込む崖っぷち

遅々として進まなかった地銀再編。しかし菅義偉首相は明確に踏み込みました。全国の地銀はどう動くのか、現状を徹底取材。今後起こりうる地銀再編を大胆予測。さらにビジネスモデルや行員の働き方にも注目し、地銀が生き残る道について探りました。

東洋経済education×ICT