「シングルマザーが集う家」に行ってみた

子育てを「シェア」するという試み

おそらくシングルマザーの毎日は、厳しいものだろう。子供の世話もあるし、仕事を見つけるのも容易ではない。STYLIO WITH 代官山の暮らしは、母である吉岡さんの心に安定を与えてくれているようだ。

シェアハウスで育つ子供

では子どもにとってはどうなのだろう。吉岡さんは、笑いながら答えてくれた。

「ここを気に入っているみたいですよ。普段は自分たちの部屋にいるんですけど、子供が私の手を引っ張ってリビングに行こうとするんです。そこで女性の膝の上に乗ったり、懐に入ったりして遊んでもらいます。楽しそうですし、人見知りしない子供に育ちそうな気がします」

続けて、露木氏が言う。

「世の中には自分の親だけではない、いろいろな大人がいることを、ここに住むことで子どもたちに知ってもらえればと思うんです。それが子どもにとってプラスになると考えてもらえれば、何よりですね」

「本当に、家族みたいによくしてもらってます。子供に柿をむいて食べさせてくれたり。逆に自分も、煮物やケーキなどを多くつくったら、皆に配ることもあるんですよ」

どうやら吉岡さんも、同居者への感謝を、さりげなく自然な形で返しているようだ。

「だって、ほら、食べてもらわないと、自分で食べちゃいますからね。」

若干照れたように吉岡さんが付け加えた。

次ページビジネスと社会貢献の合致
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 就職四季報プラスワン
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 若者のための経済学
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
新車販売の3割が自社登録<br>BMW「自爆営業」の実態

高級輸入車BMW。その国内販売店で今、大量の新車が中古車として売られている。日本法人が課した厳しいノルマで、ディーラーが自社登録しているのだ。本誌はBMWジャパンの強引な販売の証拠となる内部資料を入手。背景にも迫る。