「シングルマザーが集う家」に行ってみた

子育てを「シェア」するという試み

おそらくシングルマザーの毎日は、厳しいものだろう。子供の世話もあるし、仕事を見つけるのも容易ではない。STYLIO WITH 代官山の暮らしは、母である吉岡さんの心に安定を与えてくれているようだ。

シェアハウスで育つ子供

では子どもにとってはどうなのだろう。吉岡さんは、笑いながら答えてくれた。

「ここを気に入っているみたいですよ。普段は自分たちの部屋にいるんですけど、子供が私の手を引っ張ってリビングに行こうとするんです。そこで女性の膝の上に乗ったり、懐に入ったりして遊んでもらいます。楽しそうですし、人見知りしない子供に育ちそうな気がします」

続けて、露木氏が言う。

「世の中には自分の親だけではない、いろいろな大人がいることを、ここに住むことで子どもたちに知ってもらえればと思うんです。それが子どもにとってプラスになると考えてもらえれば、何よりですね」

「本当に、家族みたいによくしてもらってます。子供に柿をむいて食べさせてくれたり。逆に自分も、煮物やケーキなどを多くつくったら、皆に配ることもあるんですよ」

どうやら吉岡さんも、同居者への感謝を、さりげなく自然な形で返しているようだ。

「だって、ほら、食べてもらわないと、自分で食べちゃいますからね。」

若干照れたように吉岡さんが付け加えた。

次ページビジネスと社会貢献の合致
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ポストコロナの明るい社会保障改革
  • コロナ後を生き抜く
  • コロナショック、企業の針路
  • 晩婚さんいらっしゃい!
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナ時代の新教養<br>今こそ最強の武器を手に入れよ!

ピンチをチャンスに切り替えるためには、脳内メモリーのリフレッシュが必要です。知の巨人による9の講義と、在宅で自己研鑽するための独習術、そして今読むべき厳選書籍を紹介し、新常態にふさわしい知力を鍛え上げる62ページ大特集です。