「シングルマザーが集う家」に行ってみた

子育てを「シェア」するという試み

「夜に子供を寝かせてから、1階リビングに来ると人がいて、お酒に誘われて、ちょっと飲んだりすることもあります。仕事や年代もさまざまな人と知り合って話せますし。あとリビングにいれば、もし子どもが泣いても声が聞こえるんですよ。だから子供を寝かせておいても心配ないんです」

共有スペースで夜、くつろいでいるのは女性が多いらしい。吉岡さんは、女性同士で愚痴を少し言うだけでもすっとする、明日に向けて切り替えられると言う。

心のゆとりで、子どもに優しくできる

管理者として常時、住民とコミュニケーションを取る露木氏は説明する。

「女性だけでなく男性もいるのが、結果的には良いと思うんです。それである種の秩序ができるような……。例えば女性だけだと、風呂上がりにリビングで、バスタオル1枚でくつろぐ人が出るのではといったことも考えます」

「私はあんまり、気にしないで楽に暮らすようにしてますよ。共用部には当然男性もいますから、朝すっぴんで会うこともありますし。『おはようございます』って挨拶したら、相手がびっくりしてましたよ」

吉岡さんは笑って言う。

こういったシェアハウスでの暮らしには、ある程度の常識と、細かいことを気にしすぎず、楽にする意識の両方が大事なのかもしれない。明るい吉岡さんを見て、そんなことを思った。

「ここに来て思いましたが、自分の心にゆとりと余裕ができると、子どもにも優しくできるんですよね」と、吉岡さんは言う。

次ページ「人見知りしない子どもに育ちそう」
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ポストコロナの明るい社会保障改革
  • コロナ後を生き抜く
  • 今日も香港から
  • ドラの視点
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
文具業界を揺るがす動乱<br>「コクヨvs.プラス」の全真相

昨年末のぺんてる株をめぐる文具2強によるプロキシーファイト(委任状争奪戦)。両社のバトルには、8月に設立したプラスの卸子会社が2年前の計画で一度頓挫していたことにも伏線が。縮小する文具業界再編をめぐる壮絶な主導権争いに迫ります。