セーラー万年筆・中島氏がクーデターに反論

旧大蔵エリートが解職され、会社を訴えた

翌12日には、もともと定例で(正規の)取締役会を行うことが、以前から決まっていた。私は、彼らともっと話し合う必要があると思ったので、「明日の役員会は延期しよう」と提案。実は前の日には連絡を始めていたいが、最終的には12日朝、比佐氏に紙を渡し、「今日は延ばすと伝えてくれ」と言った。比佐氏は「そうですか、わかりました」と返事をした。

定款上、取締役会の招集権限は、(社長の)私にだけある。その私が延期を指示していたのに、彼らは一方的な”取締役会と称するもの”を開き、私の解職を決議した。

「経営を続けたい。セーラー万年筆には、愛着も誇りもある」と中島氏は訴える

――定款に定められた手続きを、すっ飛ばしてしまうのは、内部統制上、問題がないか。

彼らが14日にリリースした「異動の経緯に関する説明」では、「万一、中島氏の主張通りに何らかの手続きに瑕疵があっても(略)、結論は変わらない」とある。

そんなやり方は通じない。手続き上の瑕疵はちゃんとすべきだ。もう1度やって、同じ結果になるかもしれないが、合法的な「取締役会」を経ずに、解職するのはおかしい。

――こういったクーデターにあっても、なお社長を続けたいか?

私は、セーラー万年筆を破綻から救った、という思いがある。そのために一生懸命、IR活動もやってきた。経常利益も9年ぶりに黒字になるところまできた。これをもっと確実なものにして軌道に乗せたい。セーラー万年筆の経営を続けたい、という思いは強くある。愛着も誇りもある。もっとよくする自信もある。

旧大蔵省のときも脇は甘かった

――過去には旧大蔵省でも、今回のセーラー万年筆でも、足をすくわれてきた。自身でその原因をどう分析しているか。

七転び八起きの人生だった。不徳の致すところかもしれない。大蔵省のときも、脇が甘かったと、随分反省した。自分で言うのも変だが、性格は温厚だと思っている。ただ、現状を変えたいという気持ちが、いつも行動になって出る。それでときどき、つまずくのではないか。

今回、どうなるかわからないが、おカネを使い込んだとか、変な話はいっさいない。手続きがあまりにもひどいから、裁判所に仮処分の申し立てを行っている。裁判所の判断は2015年内にも出るだろう。そのうえで、彼らとは改めて、話し合いの場を持ちたい。

――裁判所が今回の解職の取り消しを命じたとして、そのまま経営を続けるのは難しいのでは?

そう考える人は多いだろう。この先、何年も裁判をやるのは、あまり生産的なことではない。正式な取締役会の判断が出れば、従わざるをえない。彼らは前回の判断を追認するのだろうか。そうすると、(社長を解職された)私は、無任所の取締役になる。

私の任期は2017年3月まである。誤ったことをしていなければ、(取締役を)解任される理由はない。取締役である限り、今後も会社に行く。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 日本野球の今そこにある危機
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 日本資本主義の父 渋沢栄一とは何者か
  • ドラの視点
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
脱・ストレス 不安加速社会<br>への4つの処方箋

コロナ禍で、人と会ったり飲み会をしたりといった従来のストレス解消法がしづらくなっています。そんな今だからこそ、「脳」「睡眠」「運動」「食事」の専門家が教えるコンディショニング術でストレスフリーな状態を目指しましょう。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT