導入余地が大きい人事システムと業務の外部委託(BPO) その1

導入余地が大きい人事システムと業務の外部委託(BPO) その1

 

HR総合調査研究所

 HR総合調査研究所(HRプロ)が実施した「人事システム・BPOに関する調査」をもとに、人事システムと業務外部委託(BPO、ビジネス・プロセス・アウトソーシング)の導入状況を探る。初回は人事システムにフォーカスしてみる。

●規模の大小、メーカー、非メーカーで異なる「人事管理システム」の導入状況

 「人事管理システム」の導入状況では、「導入済み」は全体では55%であるが、メーカー系は70%と導入が進んでおり、非メーカーは44%と低い。

またグラフに示すように規模が大きいほど導入は進んでおり、小さいほど遅れている。 とくに導入が進んでいるのはメーカー系の「1001名以上」であり94%とほとんどの企業が導入済みだ。そして「301名~1000名」では72%、「300名以下」では50%と低くなっていくが、「導入を検討中」が多く、総じてメーカー系は人事管理システムの必要性を認識している。

非メーカー系も規模によって導入度合いが異なっている。「1001名以上」67%、「301名~1000名」64%と大差ないが、「300名以下」は30%と低い。

規模が大きいほど導入が進んでいるのは、社員数が多く手作業での管理が非効率、あるいは無理だからだろう。非メーカー系で導入が遅れている理由は、なぜだろうか。メーカーでの導入が、生産現業職の管理を主目的としているケースが多いのかもしれない。

図表1:メーカーの人事管理システム導入状況

図表2:非メーカーの人事管理システム導入状況

 

関連記事
トピックボードAD
  • 北朝鮮ニュース
  • 礒部公一のプロ野球徹底解説!
  • 育休世代 vs.専業主婦前提社会
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
採用クライシス<br>就活ルール廃止の衝撃

経団連が就活ルール作りからの撤退を決定。採用日程は今後どうなるのか。中長期的なあり方を議論する間もなく、足元では超売り手市場の下、仁義なき新卒争奪戦が繰り広げられている。採用手法も人気業界も激変する中での各社の取り組みは……。