導入余地が大きい人事システムと業務の外部委託(BPO) その1

導入余地が大きい人事システムと業務の外部委託(BPO) その1

 

HR総合調査研究所

 HR総合調査研究所(HRプロ)が実施した「人事システム・BPOに関する調査」をもとに、人事システムと業務外部委託(BPO、ビジネス・プロセス・アウトソーシング)の導入状況を探る。初回は人事システムにフォーカスしてみる。

●規模の大小、メーカー、非メーカーで異なる「人事管理システム」の導入状況

 「人事管理システム」の導入状況では、「導入済み」は全体では55%であるが、メーカー系は70%と導入が進んでおり、非メーカーは44%と低い。

またグラフに示すように規模が大きいほど導入は進んでおり、小さいほど遅れている。 とくに導入が進んでいるのはメーカー系の「1001名以上」であり94%とほとんどの企業が導入済みだ。そして「301名~1000名」では72%、「300名以下」では50%と低くなっていくが、「導入を検討中」が多く、総じてメーカー系は人事管理システムの必要性を認識している。

非メーカー系も規模によって導入度合いが異なっている。「1001名以上」67%、「301名~1000名」64%と大差ないが、「300名以下」は30%と低い。

規模が大きいほど導入が進んでいるのは、社員数が多く手作業での管理が非効率、あるいは無理だからだろう。非メーカー系で導入が遅れている理由は、なぜだろうか。メーカーでの導入が、生産現業職の管理を主目的としているケースが多いのかもしれない。

図表1:メーカーの人事管理システム導入状況

図表2:非メーカーの人事管理システム導入状況

 

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • コロナショック、企業の針路
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
スペシャルインタビュー<br>元ラグビー日本代表・畠山健介

今年から米メジャーリーグ・ラグビーのチームに所属、華やかな選手生活とは裏腹に幾多の葛藤を乗り越えてきた畠山選手。「ラグビーファンの拡大には、リーグのプロ化が不可欠だ」。新天地にいる今だから見えてきた日本ラグビー改革論を熱く語ります。