投資大好きFPが郵政IPOで失敗したワケ

「IPO銘柄」で儲けるためのコツ教えます

そうです。IPOの認知度と人気度が高まるにつれて、競争率が跳ね上がり、当選確率が急激に下がってきたのです。最近、IPOに挑戦したことがある方なら実感していると思いますが、最近のIPOはとにかく当たりません。私自身はとくに2015年はほとんど当選せず、全滅に近い状態です。

当然、IPOの実践ネタも尽きてきて、講演でも昔の武勇伝を(アレンジして)使い回すという状況に、「早くネタを仕入れねば、IPOジャーナリストどころか、今の仕事もアブなくなる・・」と焦っていました。

そんな状況での郵政グループIPO、これは儲けになるだけでなく、新ネタの仕込みにもなると、非常に期待しておりました。

IPOに当選するには応募数を増やすしかない

長年の経験から分かったことは、IPOに当選するには、ひたすら応募数を増やす、これに尽きます。

証券会社に顔が利く大口投資家ならいざ知らず、小口の投資家がIPO株を手に入れるには、証券会社が行うIPOの抽選に申し込むのが唯一の手段です。抽選ですから、応募口座数を増やして、当選確率を上げるのです。

ということで、私が実践しているのは、できるだけ多くの証券会社に、それも自分名義だけではなく、妻や子供(未成年でも口座を開設できる証券会社もある)、はては親までも繰り出して、多くの口座を開設することです。これらの複数の口座で、片っ端から申し込むのです。

たしかに、申し込みの手間はけっこうかかりますが、単純作業だと思って、淡々とこなせば苦にならないものです。

直近のIPO当選成績はさんざんながら、郵政グループIPOの規模は圧倒的に大きく(当選株数が多く)、アチコチの証券会社から全力で申し込めば、どこかで当選するだろうと思っていました。

次ページ期待していなかった郵政グループの値上がり
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 最新の週刊東洋経済
  • 御社のオタクを紹介してください
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ストロング系チューハイの光と影
ストロング系チューハイの光と影
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
人材戦略から儲けのからくり<br>まで コンサル全解明

人材の争奪戦が過熱し、年収水準もうなぎ登りに。デジタル化を背景にコンサルティング業界は空前の活況を呈しています。本特集ではコンサル業界の動向やビジネスモデルを徹底解説。コンサル会社を賢く選び、上手に活用していくノウハウを紹介します。

東洋経済education×ICT