投資大好きFPが郵政IPOで失敗したワケ

「IPO銘柄」で儲けるためのコツ教えます

後講釈としてザックリ総括すれば、郵政グループの成長性には課題があるものの、配当の魅力、公開価格そのものの割安感(1単位で14万~22万円)、そして圧倒的な知名度等が注目され、堅調な初値形成となったわけです。

あと、決して不人気だったわけではなく、応募倍率はおおむね5倍~15倍程度あったようで、どうやら私は運が良かったみたいでした。

そうなってみると、すべてではないものの、一部を当選辞退してしまったことに、大いに後悔するわけです。逃がした魚は大きい、のたとえどおりです。

差し引き「5万円の悔しさ」が残った

私の場合、IPOへの投資は、基本的に初値付近での高値売却を基本にしていますので、今回も、ほぼすべてを初値付近でサクッと売却して25万円程儲かりました。ただその一方で、当選を辞退して儲け損なった約15万円が悔しく、まるで15万円損した気分になったのでした。

「会社四季報」をもっとわかりやすく!「会社四季報プロ500」なら儲かる銘柄が簡単に見つかります。クリックするとアマゾンのサイトにジャンプします。

投資の心理学によると、「損失の悔しさ」は「利益の喜び」の2倍大きいと言われています。となると、この15万円の悔しさを埋めるには、30万円分の儲けが必要となります。しかし、今回の儲けは25万円ですから、差し引き5万円の悔しさが残ったわけです。

あと、どさくさに紛れて、「一番値上がりしたかんぽ生命だけ、なんで100株しか当選しなかったんだ」と、当選への感謝のカケラもない思いもふつふつと湧いてくる始末です。

想定外のこと(今回では「予想外の大量当選」)が起こると、当たっただけで嬉しいはずのIPOでも、いろいろ余計なことを考えてしまうものです。

さて、12月は年末のIPOラッシュですが、郵政IPO当選の反動か、残念ながら、あれから1つも当選できません。もっとも、当選したらしたで、またいろいろ余計なことを考えてしまいそうですが・・。
 

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 最新の週刊東洋経済
  • 御社のオタクを紹介してください
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ストロング系チューハイの光と影
ストロング系チューハイの光と影
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
人材戦略から儲けのからくり<br>まで コンサル全解明

人材の争奪戦が過熱し、年収水準もうなぎ登りに。デジタル化を背景にコンサルティング業界は空前の活況を呈しています。本特集ではコンサル業界の動向やビジネスモデルを徹底解説。コンサル会社を賢く選び、上手に活用していくノウハウを紹介します。

東洋経済education×ICT