投資大好きFPが郵政IPOで失敗したワケ

「IPO銘柄」で儲けるためのコツ教えます

ただ、郵政グループIPOの初値高騰には期待していませんでした。

と言うのは、大規模IPOの初値はえてして、控えめになる傾向にあるからです。たとえば2013年上場のサントリー食品の初値は3120円(公開価格3100円)、2014年上場のリクルートの初値は3170円(公開価格3100円)と、いずれも公開価格と同水準程度でした。

なので、郵政3社のうちどれか1つ、せめて100株でも当選すれば御の字と、控えめに期待していました。儲けもさることながら、とにかく、話題の郵政のIPO当選の実績こそが、ノドから手が出るほど欲しかったのです。

ところが予想に反して、冒頭に記したように3冠達成、しかも複数単位の当選です。これは嬉しい・・いうよりにも、逆に怖くなってきました。郵政グループIPOは超がつくほど大規模なので、当選しやすいことはもちろんわかっていましたが、ですが、ここまで当選するとは・・ひょっとしたら意外と不人気で、申込みが少なかったのでは、と勘繰ってしまったわけです。

当たりやすいIPOは儲からない

当然ですが、不人気な銘柄のIPOは、非常に当たりやすいのです。しかし、そのような不人気銘柄の初値は、これまた当然のことながら総じて低調で、公開価格を下回ることも珍しくありません。そうなれば、IPOで「濡れ手に粟」どころか、最初から含み損を抱えてしまいます。

実際、今年になって私が当選した数少ない銘柄が「グリーンペプタイド」「サンバイオ」などですが、それぞれ初値は公開価格を大きく下回りました。もっとも、当選してから念入りに調べ、ヤバいと思って当選を辞退したので無傷でしたが、「私が当選するということは、やはり不人気銘柄なのか・・」と落ち込みもしました。

次ページ当たりやすいIPOには注意、で回避したのが裏目に
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • iPhoneの裏技
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • 岐路に立つ日本の財政
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
人望のない人は「たった一言」が添えられない
人望のない人は「たった一言」が添えられない
都心vs. 郊外 家を購入するならどっち?
都心vs. 郊外 家を購入するならどっち?
30~40代でも起こりうる『孤独死』の過酷な実態
30~40代でも起こりうる『孤独死』の過酷な実態
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
漂流する東芝<br>舵取りなき12万人の悲運

再出発したはずの東芝の漂流が止まりません。再建請負人の車谷暢昭社長が電撃辞任。緊張感が増すファンドとの攻防や成長戦略の構築など課題は山積しています。従業員12万人を超える巨艦企業はどこに向かうのでしょうか。

東洋経済education×ICT