株で儲けたいなら「勝ち馬」業界を要チェック

2016年の「株価上昇銘柄」はココから探索を!

2016年の株式市場はどう推移するだろうか。写真は2015年の大発会(撮影:尾形文繋)

2016年の株価はどう推移するのでしょうか――。2015年後半からの株式市場の変調で、いよいよわかりにくくなってきています。そこで、個人投資家にぜひ試してほしいのが、「勝ち馬」業界をキチンと見つけ出せる銘柄選択術です。

投資家の皆さんが通常思い浮かべる銘柄選択法は、さまざまなランキングから銘柄を見つける方法ですが、実はこれには大きな落とし穴があります。たとえば増益ランキングの場合、なぜ高い増益率を示しているのか、その理由がわからないことです。広告宣伝などコストを翌期にずらしたためなのか、それとも商品値上げをしたためかなど不明です。仮に今期が「後ろ向きの要因」で一時的に増益になるのなら、株式市場では評価されません。

「業種別業績展望」で勝ち馬を探せ!

『会社四季報』2016年新春号では、業界担当記者が約3600社に取材を行い、今期・来期業績を独自に予想しています。画像をクリックすると、アマゾンの販売サイトにジャンプします

そのため、まずは後ろ向きの増益企業を排除して「勝ち馬」業界を絞り込むことです。業界全体が元気なのか、不調なのかを把握することから始めるのが重要で、その際に活用できるのが『会社四季報』の巻頭にある「業種別業績展望」です。

中でも、本業の利益を表している今期営業利益予想が、前号比で増えているのか減っているのかを見るのがポイント。具体的には、営業利益の今期予想欄にある前号比の数値(『会社四季報』ではカッコ内の数値)です。

次ページ営業利益の前号比上振れは株価上昇のサイン!?
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 「米国会社四季報」で読み解くアメリカ優良企業
  • 内田衛の日々是投資
  • はじまりの食卓
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
頭脳争奪<br>中国が仕掛ける大学戦争

国の未来を左右するのは優れた頭脳。大国化した中国は今、その受け皿となる世界トップレベルの大学をつくることに驀進中だ。1つの象徴が深圳(しんせん)の南方科技大学。教育強国となった中国の戦略と、受けて立つ日本の危機感が浮き彫りに。