トヨタ「パッソ」、16年刷新する次期型の全貌

基本設計を転用する新モデルの観測も

3代目に当たる次期パッソの話については続きがある。2016年秋に次期パッソをベースとした後席スライドドアを採用した、背の高いMPV(2列シートの多目的車)の新型モデルが登場するという話もまことしやかにささやかれている。

ハイブリッドユニットの展開は?

搭載エンジンは3代目パッソに搭載される予定の1000ccタイプが有力ながら、現行パッソに搭載されている1300ccタイプなども考えられる。気になるのは、スズキ「ソリオ」のようにハイブリッドユニットを積極展開させるかだ。今のところ、そうした詳細情報は入っていないが、開発がダイハツということや、トヨタのTHS(ハイブリッドユニット)のようなストロングハイブリッドを搭載しても、割高になって売りにくくなるとみられ、パッソベースのMPVにはハイブリッドタイプの採用はないものと考えてよさそうだ。

独自の地位を確立し、堅調に売れているスズキ「ソリオ」

このカテゴリーではスズキがすでにソリオをラインナップして先行している。そのソリオの販売動向を見てみると、2015年1~11月の月間平均販売台数が約3160台と大健闘しており、8月にフルモデルチェンジして以降はパッソを上回る実績を残している。

パッソベースのMPVも当然ながら、ダイハツからのOEMとなる。つまりダイハツ版の「ソリオ」を市場投入してスズキだけに「おいしい思いはさせない」という思惑も、トヨタグループにはあるのかもしれない。

現在トヨタブランドでは、ソリオに近いキャラクターモデルとして、「ポルテ」と「スペイド」をラインナップしている。こちらは助手席側に大型スライドドアを採用しているのが特徴だ。

当初は現役子育てファミリーをターゲットにしていたのだが、「スライドドアは乗り降りがしやすい」ということで、リタイア層の購入も目立ち、手堅い販売を続けている。ただし、助手席側に大型スライドドアを採用していることなどもあり、車両価格が高めなのがネックとなっている。

ソリオも現役子育てファミリーだけなく、リタイア層の支持も高いのが人気の背景にあるのは間違いない。となればトヨタ/ダイハツ連合が「二番煎じ」として、似たようなモデルを市場投入しても、ターゲットユーザーの裾野が広いので、十分な販売実績が期待できるのだ。

一方、海外メーカーのパッソクラスのコンパクトカーは、走行安定性能を意識して、全幅が広めとなっており、日本国内でいうところの3ナンバーサイズとなるが、日本国内ではこのクラスは全長が1700mmを超えない5ナンバーサイズが必須要件。さらにコンパクトMPVでスライドドアを採用するモデルはかなり少なく、ソリオのようなキャラクターのモデルは日本専売モデルと言っても過言ではない。

となると国内シェア50%を持ち、圧倒的な販売力を持つトヨタグループや、コストダウンが巧みなスズキ以外のメーカーはなかなか自力開発では手を出せないカテゴリーともいえる。

パッソベースの新型コンパクトMPVはまったくの新しい「ブランニューモデル」なので、トヨタ系全販売チャンネル(トヨタ、トヨペット、カローラ、ネッツ)での併売になりそうだ。2016年後半から始まるであろう、圧倒的な販売力をバックにトヨタ&ダイハツ連合のソリオへの販売攻勢とこれに対抗するスズキのバトルは、その時期は消費増税前の駆け込み需要とも被るので、かなり見ものとなりそうだ。

ここ数年一部車種を除けば、軽自動車の陰に隠れ精彩を欠いていたコンパクトハッチバッククラスだが、特に2017年4月の消費再増税がチラつき出す2016年後半以降は、新たな競合環境による激戦が予想される。

自動車最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 女性の美学
  • この新車、買うならどのグレード?
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
地方反撃 <br>「稼ぐ街」は何が違うのか

政府が地方創生を掲げてから4年半。地方の人口減は止まらず、地方経済は衰退している。地方創生には何が必要か?地域活性化に成功している街を徹底的に分析、再生のための具体的な処方箋を探る。自治体や街づくりの関係者にはアイデア満載の特集。