トヨタ「パッソ」、16年刷新する次期型の全貌

基本設計を転用する新モデルの観測も

車名別販売ランキングでは常にベスト30位以内に入っているトヨタ「パッソ」(現行モデル)

トヨタ自動車がラインナップする普通乗用車の中で、「ヴィッツ」と並び最小クラスに位置する車種の一つが「パッソ」だ。トヨタグループで小型車が得意なダイハツ工業との協業による5ドアハッチバックのクルマで、トヨタ向けの生産はOEM(相手先ブランドによる生産)でダイハツが担当。トヨタは原則として「カローラ店」の取り扱いで、ダイハツの系列販売店では「ブーン」の名称でも売られている。

根強いヒットモデル

パッソは2004年6月に初代が登場。その約5年半後の2010年2月にフルモデルチェンジ(全面改良)したのが、2代目に当たる現行モデルである。エンジンは1000ccと1300ccの2種類。発売から5年以上が経過しているものの、今年1~11月までの月間平均販売台数は約3800台。車両本体価格が約110万円からと手頃なうえ、小さな車体サイズながらも角張ったデザインを生かした広めの室内空間や取り回しの良さなどが評価され、トヨタのガソリンエンジン車の中では根強いヒットモデルになっている。

トヨタの販売現場で耳にするところによると、パッソは軽自動車と比較検討するユーザーも少なくないようだ。4人乗りの軽自動車に比べパッソは5人乗りで車体サイズも大きく、衝突安全性能が高いことなどがトヨタのセールストークで、軽自動車との競合に勝つケースも少なくないという。

そのパッソが2016年春にフルモデルチェンジする。筆者は3代目に当たる次期パッソのスクープ情報を入手した。次期パッソは4月1日から生産を開始。4月11日に記者発表される見込みだ。全長3665mm、全幅1665mmは2代目と同じサイズを踏襲しながらも、全高を同10mm下げる。一方で、室内長で145mm、前後シート間隔で75mmを現行モデルから広げる。

次ページ3代目パッソの最大の目玉は?
自動車最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 財新
  • 今見るべきネット配信番組
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT