ポストPC時代、オフィスでもクラウド化が一段と進む--仮想化技術大手、米ヴイエムウェア副社長に聞く

ポストPC時代、オフィスでもクラウド化が一段と進む--仮想化技術大手、米ヴイエムウェア副社長に聞く

IT業界でクラウド化が進む中、抜きでは語れない企業がある。仮想化技術で市場を牽引する、米ヴイエムウェアだ。同社のソリューションを導入している企業は世界で25万社を超える。仮想化技術とはソフトを使って「仮想的なコンピュータ」を作ること。実際のコンピュータよりも自由に性能を調整できるため、クラウドを運用するには欠かせない技術だ。ラグー・ラグラム副社長(写真)、および三木泰雄・日本法人社長にクラウド化の動向について聞いた。

--クラウドに移行する企業も増えてきた。IT業界ではどのような変化が起きているのか。

ラグラム クラウドは今、とてもエキサイティングな時期に突入している。トレンドに大きな変化が訪れているからだ。まず、数多くのクラウド・プロバイダが登場している。通販大手の米アマゾンがクラウドサービスで成功してから、ここ2~3年の間にたくさんの企業がクラウドサービスを始めた。そのうちヴイエムウェアの仮想化技術を使っている企業は6000社以上、48カ国に上る。

--日本の状況とは。

三木 日本でのクラウド化の流れは米国より数年遅れている。日本の企業は“安全稼働”を第一として新しいテクノロジーに慎重だからだ。

しかし、最近では日本でも当たり前のサービスとして受け入れられてきた。スタートが遅かった分、クラウドに移行するスピードは最も速い国と言えるだろう。ヴイエムウェアも日本への投資は積極的だ。特に日本はサポート体制にシビアであり、サポート部門を厚くしている。社員は1年で100人増え、現在は250人になった。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 岐路に立つ日本の財政
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 高城幸司の会社の歩き方
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
集中連載「日立 踊り場の先へ」<br>ガバナンス問われる英国原発

日立製作所が着々と進めてきた英国の原発計画。来年にはすべての認可を得て、進むか退くかの最終判断を迫られる。経済合理性は疑問だが、会長案件という思惑も絡む。今の日立はどう判断するか。まもなくガバナンス改革の真価が問われる。