ポストPC時代、オフィスでもクラウド化が一段と進む--仮想化技術大手、米ヴイエムウェア副社長に聞く

ポストPC時代、オフィスでもクラウド化が一段と進む--仮想化技術大手、米ヴイエムウェア副社長に聞く

IT業界でクラウド化が進む中、抜きでは語れない企業がある。仮想化技術で市場を牽引する、米ヴイエムウェアだ。同社のソリューションを導入している企業は世界で25万社を超える。仮想化技術とはソフトを使って「仮想的なコンピュータ」を作ること。実際のコンピュータよりも自由に性能を調整できるため、クラウドを運用するには欠かせない技術だ。ラグー・ラグラム副社長(写真)、および三木泰雄・日本法人社長にクラウド化の動向について聞いた。

--クラウドに移行する企業も増えてきた。IT業界ではどのような変化が起きているのか。

ラグラム クラウドは今、とてもエキサイティングな時期に突入している。トレンドに大きな変化が訪れているからだ。まず、数多くのクラウド・プロバイダが登場している。通販大手の米アマゾンがクラウドサービスで成功してから、ここ2~3年の間にたくさんの企業がクラウドサービスを始めた。そのうちヴイエムウェアの仮想化技術を使っている企業は6000社以上、48カ国に上る。

--日本の状況とは。

三木 日本でのクラウド化の流れは米国より数年遅れている。日本の企業は“安全稼働”を第一として新しいテクノロジーに慎重だからだ。

しかし、最近では日本でも当たり前のサービスとして受け入れられてきた。スタートが遅かった分、クラウドに移行するスピードは最も速い国と言えるだろう。ヴイエムウェアも日本への投資は積極的だ。特に日本はサポート体制にシビアであり、サポート部門を厚くしている。社員は1年で100人増え、現在は250人になった。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショック、企業の針路
  • コロナ後を生き抜く
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 西村直人の乗り物見聞録
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
なぜ取締役会に出席しない?<br>会社側の苦しい「言い訳」

役員会に出席せず改善の兆しがない取締役は、機関投資家や議決権行使助言会社から厳しい目を向けられています。株主総会招集通知から、取締役・社外監査役の取締役会出席率を独自集計し、欠席の多い人のランキングを作成しました。安易な選任の実態は?