日本人の「プレゼンの常識」は間違いだらけだ

滑舌のよさや美しい声は枝葉末節

プレゼンにとって重要なのはモノトーンにならず、変化をつけることだが、それをジェスチャーでつけるか、声でつけるか、はたまた、メッセージでアクセントを入れるか、など、見た目や印象、得手・不得手など、人それぞれ、最適なスタイルは変わってくる。まるで、洋服のように、その人に合ったスタイルがある。似合わないファッションは悲劇的だ。

日本人の常識③ プレゼンは才能だから、うまくなくても仕方ない

「プレゼンが上手い」と世間から思われている経営者がいる。本人もそう思っているらしく、全く練習をしないのだそうだ。確かに、流ちょうだが、いつも、メッセージが心に残らない。ただ言葉だけが、トイレのように下水道に流れていく感じだ。度胸もあるし、ステージも怖くない。そういう人に限って、練習をしない。

よいプレゼンにとって練習は命

プレゼンにとって、練習は命だ。あのスティーブ・ジョブズもジェフ・ベゾスも、プレゼン前は何日もかけて何十回、何百回の練習をし、身体にすべてのセリフと動作をしみこませた。その気合はまるで舞台に欠けるアクターそのもの。それぐらいに、観客を楽しませよう、驚かせよう、興奮を分かち合おう、という意識が強かった。

筆者もアクティングスクールで、セリフが覚えられなくて、本当に苦労したが、そんな時、クラスメートの俳優の卵が何度も何度も練習すれば、「筋肉反射のように、自然に口の周りの筋肉が動いてくるんだよ」と教えてくれた。

まさに、筋肉反射するぐらいにプレゼンを体に刻み付ける。これは、なかなかハードルが高いが、「ドジでのろまな亀」が、ウサギに負けないようにするなら、これしか方法はない。

最後に、3つの黄金律をまとめておこう。

①プレゼンはヘタウマで攻めろ

②自分に似合うスタイルを見つけよう

③一に練習、二に練習、三、四はなくて五に練習。

次回の「コミュニケーション放浪記」も、引き続き、プレゼンの極意について解説をしたい。泣ける「ヘタウマプレゼン」の実例もご紹介するので、お楽しみに!

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 東京「夢見る女子」の生態
  • コロナショックの大波紋
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
広告大乱戦<br>デジタル化で進む“下克上”

「ついに」か「ようやく」か。ネット広告費が初めてテレビ広告費を超えました。デジタル化の大波の中で、広告業界は“異種格闘技戦”の時代に。グーグルと組んで購買につながる広告商品を生み出したマツモトキヨシなど、激変期の最先端事例を紹介します。