世界も認める「武士道」に学ぶビジネスの心得

その普遍性が今を読み解くヒントになる

さらに、勇には敵に立ち向かっていく表面的な強さと、どんな場面でも動じない平常心の2つがある。勇気のある武士は、つねに穏やかで動揺しないはず。これは、ストレスフルな環境のなかで、メンタル強化の必要性が叫ばれているビジネスパーソンにとっても示唆的な内容を含んでいるといえそうだ。

他者を尊重し、重んじる心――礼

最後の「礼」も、武士にとっては重要な徳目であった。

礼というと「礼儀」を連想することから、ビジネスパーソンにとっては、「礼=ビジネスマナー」と解する人も多いだろう。

それだけではない。『武士道』によれば、「礼」は「相手の価値は世界中の何物にも勝る」という考え方にもとづいており、「他者の喜びや悲しみを自分のことのように感じる能力でもある」とも説いている。つまり、形式的、儀礼的な礼儀作法を身につけるだけでは不十分だということだ。

近年、サービス業を中心に、ホスピタリティの向上を掲げている企業が増えている。
それ自体は素晴らしいことだが、内容が接遇・接客の型を追求するだけのものになっていれば、本当の意味での「礼」にはほど遠いということになるだろう。

武士にとっての究極の理想は「非戦」

「武士道」は、好戦的で、死を礼賛する思想だと思われがちだが、これこそが最大の誤解である。「武士道」の体現者であった勝海舟は、その生涯で何度も暗殺の標的にされたが、一度も自分の剣を血で濡らすことはなかったという。『武士道』の中では、「最善の勝利は血を流さずに得た勝利である」という格言が紹介されている。

意外にも武士の究極の理想は「戦わないこと」だった。これをビジネスパーソンに当てはめてみると、他者と不毛な争いをして疲弊するよりも、自らの特性を生かして競争相手がいない市場を探して勝負するというポジショニングが、実は意外にも大事だということと近い。

圧倒的な力を持った者が、その力をどうとらえ、己をどう律してきたのか――。武士道には、現代のビジネスパーソンが今を読み解くためのヒントも少なくない。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 「若き老害」常見陽平が行く サラリーマン今さら解体新書
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 育休世代 vs.専業主婦前提社会
  • 晩婚さんいらっしゃい!
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
地盤沈下に抗う<br>国際金融都市・ロンドンの秘策

強気の姿勢を押し出すジョンソン氏が首相に就任し、「合意なきEU離脱」が現実に迫る金融街シティー。逆境下で推進するフィンテック、グリーンファイナンス、人民元ビジネスの戦略を現地ルポ。イングランド銀行副総裁のインタビューも。

  • 新刊
  • ランキング