右肩下がりの日本の救世主は「冷凍食品」だ

楡周平が小説「和僑」で描いた夢物語

とにかく日本の農産物の質の高さ、食文化の多彩さは世界で断トツです。僕はサラリーマン時代、アメリカ系企業で働いて、向こうでの経験も多い。生ものが苦手で日本食といえば天ぷら、鉄板焼きが定番だったのが、すしの味を覚え、今や彼らの興味はB級グルメに来てる。マンハッタンに日本のカレー屋がどんどん出店し、豚骨ラーメンなんかもすごく受けてる。日本人の味覚は世界に通用するんですよ。

困難を語るのではなく理想をどう実現するか

──本作は、舞台である町の農畜産物を活用した新たな食材輸出がテーマですが、そもそも質のいい産物に有能な役者ぞろい。現実離れした理想的すぎる設定ではありますが。

楡周平(にれ・しゅうへい)/1957年生まれ。米コダック日本法人に在職中の1996年に執筆した『Cの福音』がベストセラーになり、翌年退社し作家業に専念。その後、慶応義塾大学大学院に入学、修了。犯罪小説から経済小説まで作風は幅広い。近著に『砂の王宮』『スリーパー』『象の墓場』など。新聞連載小説も執筆中

いやこんな町、日本中にありますよ。日本に住む日本人が気づいてないだけで、僕たちの当たり前って世界では当たり前じゃないんです。食に対する追求も日本は突き抜けてるんですね。日本の常識は世界の非常識、いい意味でね。

どうしたら日本の食を海外に発信できるかを考えたとき、生鮮品は輸送コストがネックになる。それならメンチカツとかトンカツとか、冷凍食品にしてはどうかと思いついた。

冷凍食品なら季節性が解消されるし、船便を使えるので輸送費も格段に安く済む。十分競争力を持つんです。現地で追随する業者は出てくるだろうけど、しょせん日本の豚肉よりは味が格段に劣る。ニューヨークで千何百円するラーメンに行列し、それが立派なディナーとなるくらい、アメリカ人が現実に日本の味に目覚めつつある。食の輸出は可能性十分と僕は思ってますね。本の中でも書きましたが、問題を解決するために必要なのは、困難を語ることじゃなくて、理想をいかに実現するか、そこに知恵を絞ることです。

──今回その具体例を示したと。

そうです。でも大方は、「そんなふうにできるといいね」「現実は厳しいよね」と言う。書評や読者からそんな声を聞くたびに、実はカチンと来てた。できるといいねと思うなら、やりゃいいじゃないか。現実はそう甘くないと言うけど、甘くないか甘くするかは、やる側の気持ち次第だって。

次ページ日本に居ながら和僑になれる
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 新型コロナ、「新しい日常」への前進
  • 就職四季報プラスワン
  • 見過ごされる若者の貧困
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日米の躍進銘柄を総まくり<br>発掘! 未来の成長企業

米国の株式相場上昇に目を奪われがちですが、日本でも未来を牽引する成長企業は確実に育っています。本特集では「新興成長企業」や「トップの通信簿」などのランキングを掲載。GAFAMやメルカリの次の新主役を探しましょう。

東洋経済education×ICT