右肩下がりの日本の救世主は「冷凍食品」だ

楡周平が小説「和僑」で描いた夢物語

とにかく日本の農産物の質の高さ、食文化の多彩さは世界で断トツです。僕はサラリーマン時代、アメリカ系企業で働いて、向こうでの経験も多い。生ものが苦手で日本食といえば天ぷら、鉄板焼きが定番だったのが、すしの味を覚え、今や彼らの興味はB級グルメに来てる。マンハッタンに日本のカレー屋がどんどん出店し、豚骨ラーメンなんかもすごく受けてる。日本人の味覚は世界に通用するんですよ。

困難を語るのではなく理想をどう実現するか

──本作は、舞台である町の農畜産物を活用した新たな食材輸出がテーマですが、そもそも質のいい産物に有能な役者ぞろい。現実離れした理想的すぎる設定ではありますが。

楡周平(にれ・しゅうへい)/1957年生まれ。米コダック日本法人に在職中の1996年に執筆した『Cの福音』がベストセラーになり、翌年退社し作家業に専念。その後、慶応義塾大学大学院に入学、修了。犯罪小説から経済小説まで作風は幅広い。近著に『砂の王宮』『スリーパー』『象の墓場』など。新聞連載小説も執筆中

いやこんな町、日本中にありますよ。日本に住む日本人が気づいてないだけで、僕たちの当たり前って世界では当たり前じゃないんです。食に対する追求も日本は突き抜けてるんですね。日本の常識は世界の非常識、いい意味でね。

どうしたら日本の食を海外に発信できるかを考えたとき、生鮮品は輸送コストがネックになる。それならメンチカツとかトンカツとか、冷凍食品にしてはどうかと思いついた。

冷凍食品なら季節性が解消されるし、船便を使えるので輸送費も格段に安く済む。十分競争力を持つんです。現地で追随する業者は出てくるだろうけど、しょせん日本の豚肉よりは味が格段に劣る。ニューヨークで千何百円するラーメンに行列し、それが立派なディナーとなるくらい、アメリカ人が現実に日本の味に目覚めつつある。食の輸出は可能性十分と僕は思ってますね。本の中でも書きましたが、問題を解決するために必要なのは、困難を語ることじゃなくて、理想をいかに実現するか、そこに知恵を絞ることです。

──今回その具体例を示したと。

そうです。でも大方は、「そんなふうにできるといいね」「現実は厳しいよね」と言う。書評や読者からそんな声を聞くたびに、実はカチンと来てた。できるといいねと思うなら、やりゃいいじゃないか。現実はそう甘くないと言うけど、甘くないか甘くするかは、やる側の気持ち次第だって。

次ページ日本に居ながら和僑になれる
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 令和の新教養
  • 静かなる熱狂
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
関西電力がはまり込んだ<br>「原発マネー」の底なし沼

社会を揺るがした関電首脳らの金品受領問題。本誌は関係者による内部告発文や関電の内部調査報告書などで、「持ちつ持たれつ」の関係に迫った。実態解明は第三者調査委員会に委ねられるが、原発推進への自傷行為となったのは間違いない。