210億円でモディリアーニ買う中国人の正体

自称「成金」元タクシー運転手が次に狙うもの

11月9日に開かれたオークションでモディリアーニの裸婦画を210億円で競り落とした、劉益謙氏(写真:Sim Chi Yin/The New York Times)

落札を狙う作品の金額が1億ドルの大台を超えても、劉益謙は落ち着き払っていた。

とにかくそれを競り落としてくれ

「私の代理でオークションに参加していたクリスティーズ香港の女性と電話で話していると、あまりの緊張で彼女は電話を落としてばかりいた」と、北京のホテルで劉は語った。「私はこう言ったんだ。『なぜそんなに緊張するんだい? 払うのは私だし、私は緊張なんてしていない。とにかくそれを競り落としてくれ』とね」。

そして劉は、11月9日にニューヨークで開催されたクリスティーズのオークションで“それ”を手に入れた。20世紀初頭を代表する画家アメデオ・モディリアーニが描いた、両手を広げて横たわる裸婦の油彩だ。緊迫した9分間のセールで、劉は1億7040万ドル(約210億円、手数料を含む)を提示し、5人のライバルに競り勝った。オークションに出された美術作品としては、史上2番目の落札額だ。

最高額は、ピカソが1955年に描いた「アルジェの女たち」で、今年5月に開かれたクリスティーズのオークションで1億7940万ドル(約221億円、手数料を含む)で落札された。

「アジアのバイヤーが落札したと聞いて、すぐに彼だとわかった」と、劉の妻、王薇は言う。彼女は当時、香港にいた。

「モディリアーニはヌード画をそれほど描いていないし、これは彼の最高傑作のひとつ」と話す王は、こう付け加えた。「間違いなく、それだけの価値がある」。

今回のオークションの前から、劉と王の夫妻(どちらも52歳)は中国のアート界では名の知られた存在で、特に劉は、国内の数少ない大物コレクターの中でもその派手さが有名だ。

次ページ45億円の磁器でお茶を楽しむ
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 埼玉のナゾ
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • ミセス・パンプキンの人生相談室
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
電池開発でノーベル化学賞<br>吉野彰氏が示した「危機感」

受賞会見とともに、リチウムイオン電池の開発の歴史と当事者の労苦を振り返る。世界の先頭を走ってきた日本も、今後および次世代型の市場では優位性が脅かされつつある。吉野氏率いる全固体電池開発プロジェクトに巻き返しの期待がかかる。