210億円でモディリアーニ買う中国人の正体

自称「成金」元タクシー運転手が次に狙うもの

劉益謙氏(写真:Sim Chi Yin/The New York Times)

劉と王がオークションに参加し始めた1990年代初頭、中国のアート市場は生まれたばかりだった。二人は趣味で始めた美術品の収集にのめり込んだ。

中国の人に楽しんでもらうため

劉は中国の芸術作品や工芸品を、王は文化革命時代の作品や現代中国アート、アジア全般のアートを好む。夫妻は西洋の作品の収集も始め、ジェフ・クーンズの彫刻などもコレクションの仲間入りをした。

美術館の設立を考えたのは、自らを「アート狂」と言う王の方だ。夫はそれよりもプライベートジェットなどを欲しがっていたが、「上海のため、そして国のためになる」と説得したという。

クリスティーズの中国地区を率いる蔡金青は、夫妻はこの世代の中国の美術品コレクターの「最たる例」だと言う。「自分たちが知っている中国アートの収集から始め、アジアのアートに広げ、今は西洋のアートだ」。

しかし、劉と王のように自らの富を誇示する収集家は中国ではごくわずかだ。政府がぜいたく品を取り締まっているからだ。株式トレーダーでもある劉は、取り締まりは怖れていないと言い、自分は合法的に富を手にしたと主張する。

夫妻の浪費ぶりを批判する人は多く、審美眼がないという声もある。彼らを語る際によく登場するのが「土豪(トゥーハオ)」という言葉で、「にわか成金」という意味だ。

「私は紛れもなくトゥーハオだ」と、劉は言い切る。「でも少なくとも、このトゥーハオは中国の人に楽しんでもらうために名作を国に持ち帰っている」。

(執筆:AMY QIN記者、翻訳:前田雅子)

(C) The New York Times News Services

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • CSR企業総覧
  • 中学受験のリアル
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 女性の美学
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
頭脳争奪<br>中国が仕掛ける大学戦争

国の未来を左右するのは優れた頭脳。大国化した中国は今、その受け皿となる世界トップレベルの大学をつくることに驀進中だ。1つの象徴が深圳(しんせん)の南方科技大学。教育強国となった中国の戦略と、受けて立つ日本の危機感が浮き彫りに。