高級な松茸も、かつては椎茸より安かった?

プロパンガスの普及で状況が変わった

かつてはシイタケよりも安かった?!(写真 :kijima / PIXTA)

マツタケといえば秋の味覚を代表する高級食材です。しかし、スーパーに並ぶ国産マツタケの値段は軒並み高くて、なかなか手が出ないですよね。

マツタケは今でこそ「人工栽培ができない」「取れる量が少ない」などの理由で高価な食材になってしまいましたが、実は、以前はシイタケより安いものだったことをご存じでしょうか。マツタケがここまで高価になってしまったそもそもの理由をお話します。

マツタケは痩せた土地で育つもの

この記事は「フェイスブックナビ」(運営:オールアバウトナビ)の提供です

まずは、マツタケの生態について簡単におさらいしましょう。マツタケは赤松と呼ばれる松の木の根元にしか基本的には生息しないキノコです。また、通常キノコの発育には落枝や落葉が蓄積してできた栄養のある腐葉土のほうが適していますが、マツタケはあまり栄養のない痩せた土のほうが良く育つという生態を持っています。

また、マツタケはシイタケなどのキノコとは異なり、人工栽培の方法が確立されていません。マツタケが赤松に宿って育つという状況は、人工的に作り出すことができないそうです。つまり、マツタケは基本的に“天然もの”ということになります。

次ページマツタケが高くなったのはなぜ?
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 実践!伝わる英語トレーニング
  • 最新の週刊東洋経済
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
消える仕事、残る仕事<br>1億人の「職業地図」

コロナ、AI、脱炭素――。私たちの雇用を取り巻く環境が激変しています。今後、どんな職業を選ぶかは死活問題に。2030年に向け「消える仕事」「残る仕事」36業種、「会社員の価値」がわかる9職種を掲載。本特集が職業を改めて考える機会になれば幸いです。

東洋経済education×ICT