居酒屋が野菜を作り始めたワケ--コロワイドの食材加工子会社社長に聞く

--中長期的な見通しは。

現状は工場の半分ほどしか使っておらず、毎月2トンのレタスを生産できる。さらに設備を導入しフル稼働させれば、4~5トンぐらいまでいけるだろう。

今回は神奈川県にあるベンチャー企業のキーストーンテクノロジーと組み、LEDを水で冷やす最新の照明ノウハウを入れた。設備投資の回収については6年と10年の両建てで考えているが、5年で回収できるよう頑張りたい。そうでなければ今後の技術革新について行けないだろう。

(当面の課題は)とにかく1株当たりの収量を上げ、栽培コストをどう相対的に下げていくかに尽きる。現在、コロワイドグループでは野菜だけでも月間で何百トンも使っている。数トンのレタスを内製化できたとしても非常に低い割合だ。

とにかく安く作らないと、その先の外販も見えない。野菜工場は始まったばかり。まずはブレイクスルーすること、最初に走り出すことを考えている。

--12年3月期決算説明会の場で野尻公平・コロワイド社長が「500億円を投じて食材加工工場の販路拡大のためにM&A戦略を活発化させる」と言っていた。イメージ的には食品メーカーを買収するという方向性でいいのか。

そうだ。私は一貫して外食産業に関わってきたが、このままいくと食品メーカー主導の物作りになっていってしまうという危機感がある。食品メーカー主導になるとメニューが冷凍食品になっていく。それは絶対に嫌だ。食品メーカーが一生懸命やっていることを否定するつもりはないが、一番お客様に近いコロワイドがこういうものを作りたい、売りたいと発信しないとダメになる。そういった意味でメーカー機能を持つことは重要だ。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 御社のオタクを紹介してください
  • 就職四季報プラスワン
  • 小幡績の視点
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
悪用された「ドコモ口座」<br>セキュリティーに3つの問題

「ドコモ口座」を使った預金の不正引き出し事件。背景としては、回線契約がなくても口座が使える「ドコモ口座」自体と、安全性の脆弱なシステムで口座接続していた銀行側の双方に問題がありました。情報漏洩の経路も不明で、今後の対応が問われています。

東洋経済education×ICT