居酒屋が野菜を作り始めたワケ--コロワイドの食材加工子会社社長に聞く

--コロワイドは居酒屋のイメージが強い。今後どういった経営戦略を取っていくのか。

居酒屋は構造不況業種。少子高齢化でアルコールを飲む人が減っている。みんなかつてほど飲まないし、食べない。若い人もお酒を飲まなくなった。また、飲酒に対する風当たりが強くなってきた。それは飲酒運転だけでなく、未成年飲酒に対してもそうだ。会社としていつまでも居酒屋だけに頼っていくわけにはいかない。

そこで居酒屋以外についても、M&Aを通じて回転すしや焼き肉屋、イタリアンといった日常食のレストランを作ってきた。2つ目は海外に出て行くこと。そして3つ目が外販になる。自分たちの店だけでなく、他社に売っていきたい。会社全体の大きな戦略の1つとして今回の野菜工場をとらえている。

同じ売上高で比べたとき、外食は小売と違って、相対的に野菜を買う量が少ない。外食単体だけでなく、いろいろな業態を持って合従連衡できればおもしろい。

◆コロワイドの業績予想、会社概要はこちら

[+画面クリックで詳細チャートを表示]

(松浦大 撮影:鈴木紳平 =東洋経済オンライン)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • 最新の週刊東洋経済
  • 若者のための経済学
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
部品3社が日立の傘下に<br>始まったホンダ系列大再編

ホンダと日立製作所が傘下自動車部品メーカーの経営統合を発表した。日立オートモティブシステムズがホンダ系のケーヒン、ショーワ、日信工業を吸収し、国内3位に躍り出る。世界のメガサプライヤーに対抗できるか。再編新時代が始まった。