エイチームの“百年戦略”

スマホアプリで成長加速

名古屋の次は大阪へ 梅田阪急ビルに開発拠点

多数のサービスを展開できた理由は、06年から一気に進めた中途採用で有能な開発者を確保できたからだ。名古屋の大学を出て東京の大手ソフトメーカーなどで働いていた名古屋出身者が「Uターン」する場合の受け皿になれたのだ。「もし東京であれば、数多くあるアプリベンダーの一つとして埋もれてしまったと思う」(林社長)。

が、まだ人手が足りない。複数の大型ゲームを同時に開発するために、来年中にゲーム開発者を倍増の200人にすることが目標だ。4月に13名、5月に10名、6月に5名の社員・アルバイトを採用したが、さらにペースアップが必要。そこで開始したのが、冒頭の「水9プロジェクト」というわけだ。

 名古屋だけでは限界がある。そこで7月31日付で大阪の一等地・梅田阪急ビルオフィスタワー26階に100坪ほどの開発拠点を開設。ここでも経験者を採用していく。東京はあえて避け、地方にいる有力な人材を確保するもくろみだ。

エンタメ、ライフサポート以外の新事業の構想も温めているという。「100年続くためにはつねに新規事業に挑戦することが重要。現状で立ち止まらずにつねに果敢に挑戦する社風を育てたい」(林社長)。現在のヒット作連発と高成長も、まだまだ序章にすぎないようだ。(週刊東洋経済2012年6月30日号)

記事は週刊東洋経済執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります。
人気記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
会計新基準<br>「売上高」が変わる

売上高が6割減にもかかわらず、営業利益は増えた企業も現れた。会計の新基準を適用した結果だ。全産業にかかわる過去最大の基準変更が今年から徐々に広がっていく。