市場を支える「信頼」を考えよう--野口悠紀雄×ちきりん白熱対論「数の突破力を教えよう」番外編・その2

印刷
A
A


■なぜ霞が関は市場原理が嫌いなのか

ちきりん マーケットでの「信頼」の存在はとても大事なことだと思います。いつも不思議に思っていることがあります。日本は資本主義で成功してきて、高度成長で豊かになった国なのに、国の中心にいたはずの霞が関の人たちは、市場原理を信じていない。

最近、高速バスで大きな事故が起こりました。その結果を受けて、規制を強化しましょうという話になるのか、あるいは、規制緩和は続けつつ監督を強化するのか、どちらを選ぶべきかという議論がたびたびあります。

野口 日本の場合、ああいう事故が起きれば、省庁にとっては「ほらみろ、やっぱり事故が起きただろう、我々が規制しないとだめだ」いうことになる。規制強化のすべてとはいわないが、9割は官僚の縄張り拡張のためになされるのです。

ちきりん 官僚には、市場原理に任せてはいけないとの感覚があるのでしょうか。

野口 当然あります。それは、彼らの非常に重要な信念です。

ちきりん なぜなのでしょうか。

野口 答えは非常に簡単です。法学部の卒業生だからです。

ちきりん 法学部の学生は何でもしゃくし定規に考えたり、数字を基に議論しない傾向があるということですか?

野口 本来のリーガルマインドとは、そういうものではないと思いますが、東大法学部を筆頭に日本の法学部の主流は法律解釈学だから、そうなってしまう。

ちきりん それは組織の問題なのでしょうか? それとも中にいる人たちの問題なのでしょうか?


ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
「研究職600人雇い止め」理化学研究所に走る衝撃
「研究職600人雇い止め」理化学研究所に走る衝撃
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT