クオールは調剤薬局にローソンFCを併設した店舗を今期末50店に拡大、同業他社との差別化加速


 
 今回、クオールは来14年3月期に売上高を1000億円まで増やすとの中期経営計画も発表。M&Aを含めた経営規模の拡大を図っていくとしているが、そのうち200億円分は、ローソン併設店100店(14年3月期末時点)が占めるというシナリオを描いている。

なお、中村社長は、このほど調剤薬局チェーンの業界団体である日本保険薬局協会の会長に選出され、懸案である医薬品流通問題などに取り組む。健康保険制度の維持存続が厳しくなっている財政状況の中で、調剤報酬が年々増加している上場調剤チェーン各社に対しては、「儲けすぎ」との厳しい視線も浴びせられている。

中村社長はこうした視線を意識し、「社会貢献など社会的な存在価値を高め、訴えていかないと批判は回避できない」との見解を述べた。先行き厳しい公的医療保険制度の傘の下で、相応のバッシングも覚悟せざるをえないという、「成長のジレンマ」に直面しているようだ。

◆クオールの業績予想、会社概要はこちら

[+画面クリックで詳細チャートを表示]

(古庄 英一 =東洋経済オンライン)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • ブックス・レビュー
  • 最新の週刊東洋経済
  • トクを積む習慣
トレンドライブラリーAD
人気の動画
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
銀行員の出世コースに見られ始めた大きな変化
銀行員の出世コースに見られ始めた大きな変化
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日本企業は米中の板挟み<br>全解明 経済安保

先端技術をめぐる米中の争いは日本に大きな影響をもたらします。海外からの投資は経済を活性化させる一方、自国の重要技術やデータが流出し安保上のリスクになる可能性も。分断の時代に日本企業が取るべき進路を探ります。

東洋経済education×ICT