なぜ今でもタクシーはLPガス車ばかりなのか

トヨタの生産終了でやがて無くなる運命

ハイブリッド車が増えて来たが、それでもなぜタクシーはLPガス車が多いのか(写真 :Lodimup / PIXTA)

日本の道路を走るタクシーの9割強がLPガスを燃料としています。LPガス(Liquefied Petroleum Gas)は液化石油ガスのことで、家庭の給湯器の熱源などにも使われている燃料の一種です。

個人タクシーはガソリンエンジンの車が主流ですし、最近はハイブリッドのプリウスのタクシーも見かけるようになりましたが、それでも圧倒的にLPガスのタクシーが多い。なぜタクシーにはLPガス車が多いのでしょうか。

LPガスは安くて排気もクリーン

この記事は「フェイスブックナビ」(運営:オールアバウトナビ)の提供です

コストが優先されるタクシーなどの営業車において、LPガスの安さは魅力的です。実際の値段で言うと、2015年9月のLPガスの値段は、東京都では76.5円/ℓと、リッターあたり100円以上する軽油よりも大幅に安い。ガソリンや軽油との課税率の違いも影響しているようです。

また、街中でときどき見かけるLPガススタンドでは、タクシー業者向けに一般ユーザーよりも安い値段で販売するスタンドもあるなど、優遇されている面もあります。

ちなみに、LPガス車の燃費はガソリン車とあまり変わらないようです。以前は燃費の良さもウリでしたが、この10年で純ガソリン車もクリーンディーゼル車も燃費がかなり良くなっているので、その差が目立たなくなっていると考えられます。

LPガスは低燃費で排気がクリーンという理由で、代替燃料として注目されている時期もありました。実際、ガソリンやディーゼルに比べて排気ガス中の有害物質が少ないので、タクシー業界のイメージアップに貢献している部分もあります。

次ページLPガス車が普及しない理由とは?
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
人気の動画
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
銀行員の出世コースに見られ始めた大きな変化
銀行員の出世コースに見られ始めた大きな変化
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日本企業は米中の板挟み<br>全解明 経済安保

先端技術をめぐる米中の争いは日本に大きな影響をもたらします。海外からの投資は経済を活性化させる一方、自国の重要技術やデータが流出し安保上のリスクになる可能性も。分断の時代に日本企業が取るべき進路を探ります。

東洋経済education×ICT