ロボットタクシー、「2020年実現」に挑むワケ

DeNAとZMPの合弁は起爆剤となるか

新会社ロボットタクシーの社長に就くDeNAの中島宏氏(左)とZMPの谷口恒社長(右)

世界初のロボットタクシーは本当に実現できるのかーー。ディー・エヌ・エー(DeNA)とロボット開発ベンチャーのZMPは、自動運転技術を活用した「無人タクシー」の実用化を目指し、5月28日付で合弁会社「ロボットタクシー」を設立した。

両社合計で7億円を出資した内訳はDeNAが66.6%、ZMPが33.4%。DeNAからは、執行役員で新規事業推進室長の中島宏氏が社長に就き、取締役・経営企画本部長の小林賢治氏、執行役員・システム本部長の木村秀夫氏が経営陣に名を連ねた。

一方、ZMPからは創業者の谷口恒氏が会長に就き、インテルキャピタルの投資担当者でZMPの社外役員も兼務する、出川章理氏が取締役に就任している。2001年に設立されたZMPは自動運転技術の開発に力を入れており、2014年にはインテルと資本提携。今年に入ってソニーとも共同開発を開始するなど、複数の大手メーカーと提携関係にある。

DeNAは「パーフェクトな相手」

今回、合弁相手にDeNAをパートナーに選んだ理由について、谷口氏は「中島さんの情熱で決めた。DeNAは事業計画を書いて積み上げ、実行する力が非常に強い。パーフェクトな相手」と話している。今後はZMPの自動運転技術を活用しながら、決済システムや配車マネジメント、保管など複合的なシステム開発をDeNAが進めていく。

無人タクシーのベース車両にはZMPのRoboCar Minivanを活用する予定

ZMPの谷口恒社長は「2020年の東京オリンピックで、無人のロボットタクシーを多く走らせたい」と意欲的だが、実現には多くのハードルが待ち受ける。

現状、自動運転は運転者がいなければ認められていない。これは1949年に作成されたジュネーブ条約に基づくもので、日、米、欧に共通した条件となっている。自動運転はレベル1~4に分類されており、現在、自動車メーカーが開発を進めているのは、「加速・操舵・制御をすべて自動車が行い、緊急時のみドライバー対応する状態」の「レベル3」に相当する。

完全に無人運転となる「レベル4」を全面的に実現するには、国際条約の改正が必要になる。DeNAとZMPの合弁会社ロボットタクシーが狙うビジネスがこのレベル4になる。

次ページ新会社のビジネスモデルは?
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 近代日本を創造したリアリスト 大久保利通の正体
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「安売り日本」はもう限界、ニッポン再生計画
「安売り日本」はもう限界、ニッポン再生計画
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
勝ち組シニアと負け組シニア<br>定年格差

「45歳定年」発言に対し一部で猛反発。現実には法改正で70歳までの雇用確保が今春努力義務化されました。人生100年時代といわれる今、従来の定年はもはやなくなりつつあります。老後も働くシニアが第二の人生を勝ち抜くためにすべきことは何でしょうか。

東洋経済education×ICT