なぜ今でもタクシーはLPガス車ばかりなのか

トヨタの生産終了でやがて無くなる運命

また近年では、タクシー以外に、LPガストラックが増えているそうです。低公害で価格も手ごろ、なおかつ「クリーンなイメージを抱いてもらえる」というメリットから、運送業や自治体の清掃事業、宅配便や生協の配送トラックなど各方面でLPガスが使われています。

LPガス車は盗まれにくい!?

さらに、LPガス車は「盗まれにくい」とも言われます。盗んだところで、通常のガソリンスタンドでは給油できません。LPガススタンドも数が少ないため、どこで補給すればよいかわからない。結果、車泥棒からは敬遠されるようです。また、タクシーは多くが最近の乗用車では一般的ではないコラムシフトレバーを採用しているため、扱いづらいという点も防犯に貢献しているようです。

現在、日本で走っているタクシーの9割はトヨタ製(1995年に発売したクラウンコンフォートが主流)です。2014年9月に日産自動車がタクシーのベース車となる「セドリック営業車」の生産を終了したため、現在、セダン型タクシー向け車両を生産しているのはトヨタのみになりました。

そのトヨタも2017年末までに、LPガスオンリーによるタクシー向け車両を生産終了すると発表しており、2015年の東京モータショーにて発表されたLPガスハイブリッドシステムを搭載したミニバン型のタクシー専用車が近い将来、タクシーのベース車として普及していくことになりそうです。現在のようなLPガスオンリーのエンジンを積んだセダン型タクシーは、やがて無くなってしまう運命にあるようです。

なぜ一般向けに普及しないのか?

排気はクリーンで燃費もいいとなれば、LPガス車をもっと一般ユーザーの車に普及させればいいのでは?と思いたくなりますが、なかなか難しそうです。その理由は以下のようなことが考えられます。

・LPガスを充てんできるスタンドが少ない
・定期的なガスタンクの交換が必要など、メンテナンスが大変
・ガスタンクがトランク内で大きな位置を占めるので邪魔
・年間走行距離がタクシーと比較して少ない一般のユーザーにはメリットが少ない
・ガス=爆発のイメージで恐怖感を覚える人がいる

 

コスト面のメリットが年間10万キロ以上走るタクシーほど得られないこと、インフラの未整備やガスへのマイナスイメージといった点で、LPガス車はやはり一般には普及しづらいようですね。

フェイスブックナビの関連記事
走っている車の車輪が、逆回転しているように見えるのはなぜ?
日本の高速道路の最高速度は120km/hになるのか?
IC乗車券をちょっと便利にする裏ワザ
関連記事
トピックボードAD
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 会社を変える人材開発の極意
  • 最新の週刊東洋経済
  • ブルー・オーシャン教育戦略
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
トヨタとソフトバンク<br>入り乱れる異業種連携

「モビリティサービス会社に変わる」宣言をしたトヨタ自動車が、常に先を行くソフトバンクに頭を下げた。世界企業の合従連衡を1枚で表した「自動車・IT業界地図」に崩れる垣根が一目瞭然。