「なんとなく」で自分の夢を語ってはいけない

独立したいと思うのであれば自己の確立を

ストレートな表現で恐縮ですが、いただいた文章を読んでいると、困難にぶち当たった際に「飽きる」という選択肢をすることで逃げているようにも見えます。

土日も休みがないと書かれていますが、少なくとも私の周りで現在、JSさんの目指されている生き方を実践している人で、JSさんくらいの年齢のときにのんきに土日を休んでいた人はいません。それだけ将来の投資に邁進していたわけです。

そのような生き方を選択するということは、頑張っている周りの人たち以上に頑張って、経験と知識を吸収する必要があるからです。

「会社外で収入を得る」と簡単に書かれていますが、収入を得るためには誰かしらに何かしらの価値を提供する必要があるわけですから、その価値の源泉たる経験や知識を得るために、土日も含めて貪欲になるというのは当たり前の行為です。

そういった価値のある経験なりスキルは、普通に会社に勤務していても絶対に身に付くものではありません。

そしてもうひとつ当たり前のことを申し上げますと、簡単な仕事を完璧にこなせない人は難しい仕事もこなせないということです。そのような力を抜くことのないスタンスで没頭できることを探しましょう。

そして「行動力がある」の件ですが、これまた厳しい言い方ですが、就職に伴って職場近くに行くのは行動力ではありません。それは受け身の行動でしかありません。

大人の行動力とは、何かを成し遂げるための行動、つまりリターンのある「計画された行動力」である必要があります。

次ページ引っ越しの元は取れたのか?
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ブックス・レビュー
  • おとなたちには、わからない
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • 日本資本主義の父 渋沢栄一とは何者か
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
消える仕事、残る仕事<br>1億人の「職業地図」

コロナ、AI、脱炭素――。私たちの雇用を取り巻く環境が激変しています。今後、どんな職業を選ぶかは死活問題に。2030年に向け「消える仕事」「残る仕事」36業種、「会社員の価値」がわかる9職種を掲載。本特集が職業を改めて考える機会になれば幸いです。

東洋経済education×ICT