ロシア機墜落、乗員乗客224人全員が死亡

シナイ半島の山岳地帯で墜落

10月31日、エジプト東部シナイ半島でロシアの航空機が墜落し、搭乗していた乗員乗客224人は全員死亡した。写真はサンクトペテルブルクの空港近くのホテルに到着した犠牲者の遺族ら(2015年 ロイター/Peter Kovalev)

[イスマイリア(エジプト)/カイロ 31日 ロイター] - エジプト東部シナイ半島の山岳地帯で31日、同国の保養地シャルムエルシェイクからロシアのサンクトペテルブルクに向かっていたロシアの航空機が墜落した。搭乗していた乗員乗客224人は全員死亡した。

乗客はロシア人が214人、ウクライナ人が3人だった。

エジプトの民間航空当局によると、ロシアのコガルイム航空(通称メトロジェット航空)のエアバスA321型機は、カイロ時間午前5時51分(GMT0351)に離陸し、23分後にレーダーから消えた。現場からはブラックボックスが回収された。

エジプトのイスマイル首相は記者会見で、生存者を発見する可能性はほぼないとの見方を示した。

欧州航空大手のルフトハンザ<LHAG.DE>とエールフランス・KLM<AIRF.PA>は、墜落原因が明らかになるまでシナイ半島上空の飛行を避けると発表した。

過激派組織「イスラム国」は、ロシアのシリア空爆への報復として同機を撃墜したとする犯行声明を短文投稿サイト「ツイッター」で発表したが、ロシアの運輸相はインタファクス通信に対し、声明内容が「真実とは考えられない」と述べた。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
三菱重工と日立 「統合」破談から<br>10年 製造立国の岐路

10年前に統合構想が破談になった三菱重工業と日立製作所。その後両社は対照的な道を歩み、2009年に伯仲していた時価総額は今や日立が大きく上回っています。本特集では明暗が分かれた三菱重工と日立を主軸に、製造立国・日本の生きる道を探りました。

東洋経済education×ICT