新幹線放火、対策のカギは「台湾」にあった

"新幹線の父"の息子が事態を予見していた!?

放火による火災で停まった東海道新幹線「のぞみ」(写真:共同通信)

6月30日に起きた東海道新幹線内での放火事件。2人が死亡、26人が負傷という惨事となった。その後、火災時の排煙対策など、新幹線における危機管理のあり方が社会的な議論の的にもなった。

もちろん、東海道新幹線を運行しているJR東海は、事故など不測の事態に備えた訓練を定期的に実施している。中でも、列車火災を想定した訓練は最重要項目の一つ。前提条件を変えて、繰り返し実施している。

日本の対策は「未然防止」に重点

画像を拡大
2012年12月に行われたJR東海の訓練(撮影:尾形文繁)

3年ほど前のことになるが、乗客をほかの車両に誘導し、車両の仕切戸を閉めて煙の進入を防ぎ、避難はしごで乗客を車外に避難させる訓練の模様が報道陣に公開された。

アナウンスに従って乗客役を演じる社員たちが整然と行動していたのが印象的だったが、はたしてこのとき、列車火災が本当に起きると思っていた社員はどのくらいいただろうか。

「世界一安全」とされる東海道新幹線は、トラブルを未然に防ぐために万全の対策を講じている。そのため、トラブルが起きてから乗客が自ら窓ガラスを割って車外に脱出するような事態は想定していない。

そもそも日本の新幹線は窓ガラスが割れない構造になっている。一般的なガラスだと、冬場の走行中に車両床下の着雪が落下した際の衝撃で、石が窓にぶつかり破損する危険があるためだ。

次ページ台湾はどうなっているのか
鉄道最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 若者のための経済学
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
スクープ! 積水ハウス地面師事件<br>「封印された報告書」の全貌

「なぜ積水はだまされたのか」。2年前の地面師グループによる大型詐欺事件。謎を解く同社の内部資料を本誌が独自に入手した。だまされた積水が調査報告書の公開を拒む理由は。取引を承認した役員が現在も要職にある“闇”をいま明かす。