メッカ郊外の巡礼地で将棋倒し450人超死亡

約720人が負傷

 9月24日、イスラム教最大の聖地メッカ近郊で、大巡礼(ハッジ)に殺到した巡礼者が将棋倒しになる事故が発生し、450人超が死亡した。写真は巡礼者らと現場付近に止まる警察車両(2015年 ロイター/AHMAD MASOOD)

[ミナ(サウジアラビア)/ドバイ 24日 ロイター] - イスラム教最大の聖地メッカ近郊で24日、大巡礼(ハッジ)に殺到した巡礼者が将棋倒しになる事故が発生し、これまでのところ453人が死亡、約720人が負傷した。サウジアラビア当局が明らかにした。

事故はメッカから数キロ離れたミナで、2つの大規模な巡礼グループが町の交差点に詰め掛けた際に起きたという。

同地では、悪魔を象徴する3本の柱に石を投げる儀式が行われていた。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 本当は怖い住宅購入
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
三菱重工と日立 「統合」破談から<br>10年 製造立国の岐路

10年前に統合構想が破談になった三菱重工業と日立製作所。その後両社は対照的な道を歩み、2009年に伯仲していた時価総額は今や日立が大きく上回っています。本特集では明暗が分かれた三菱重工と日立を主軸に、製造立国・日本の生きる道を探りました。

東洋経済education×ICT