メッカ郊外の巡礼地で将棋倒し450人超死亡

約720人が負傷

 9月24日、イスラム教最大の聖地メッカ近郊で、大巡礼(ハッジ)に殺到した巡礼者が将棋倒しになる事故が発生し、450人超が死亡した。写真は巡礼者らと現場付近に止まる警察車両(2015年 ロイター/AHMAD MASOOD)

[ミナ(サウジアラビア)/ドバイ 24日 ロイター] - イスラム教最大の聖地メッカ近郊で24日、大巡礼(ハッジ)に殺到した巡礼者が将棋倒しになる事故が発生し、これまでのところ453人が死亡、約720人が負傷した。サウジアラビア当局が明らかにした。

事故はメッカから数キロ離れたミナで、2つの大規模な巡礼グループが町の交差点に詰め掛けた際に起きたという。

同地では、悪魔を象徴する3本の柱に石を投げる儀式が行われていた。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 家族の法廷から
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 今さら聞けない競馬のキホン
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
好業績の裏で検査不正<br>スズキ「鈴木修経営」の光と影

5月10日の決算会見に登壇し完成検査の不正を詫びたスズキの鈴木修会長。不正は組織的・構造的な問題か、現場への目配り不足によるのか。長年にわたるカリスマ経営の副作用を指摘せざるをえない同社のガバナンス体制を詳解する。