パレスチナ人がイスラエル兵士ら12人を殺傷

聖地エルサレムをめぐる対立が激化

 10月18日、イスラエル南部のベルシェバで18日、パレスチナ人の男がバスターミナルで銃を発砲し、イスラエル兵士1人が死亡、11人が負傷した。聖地をめぐり、各地で衝突が起きている(2015年 ロイター/Mohamad Torokman)

[エルサレム 18日 ロイター] - イスラエル南部のベルシェバで18日、パレスチナ人の男がバスターミナルで銃を発砲し、イスラエル兵士1人が死亡、11人が負傷した。警察が明らかにした。

病院によると、2人が重体だという。男はバスターミナルに侵入後、拳銃やライフルを発砲。その後、銃撃戦の末に射殺された。

パレスチナとイスラエルとの衝突はこのところ激化しており、パレスチナ人42人、イスラエル人8人がこれまでに死亡。背景にはエルサレムの聖地をめぐる対立がある。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 今さら聞けない競馬のキホン
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • ブックス・レビュー
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
デザインの力で開く新たな価値観<br>プロダクトデザイナー 柴田文江

オムロンの体温計「けんおんくん」やコンビのベビー用品。暮らしに関わるプロダクトのあり方と、身体性を反映した柔らかな造形を追求してきた柴田氏の作品だ。女性初のグッドデザイン賞審査委員長への歩み、そして今考えていることとは。