パレスチナ人がイスラエル兵士ら12人を殺傷

聖地エルサレムをめぐる対立が激化

 10月18日、イスラエル南部のベルシェバで18日、パレスチナ人の男がバスターミナルで銃を発砲し、イスラエル兵士1人が死亡、11人が負傷した。聖地をめぐり、各地で衝突が起きている(2015年 ロイター/Mohamad Torokman)

[エルサレム 18日 ロイター] - イスラエル南部のベルシェバで18日、パレスチナ人の男がバスターミナルで銃を発砲し、イスラエル兵士1人が死亡、11人が負傷した。警察が明らかにした。

病院によると、2人が重体だという。男はバスターミナルに侵入後、拳銃やライフルを発砲。その後、銃撃戦の末に射殺された。

パレスチナとイスラエルとの衝突はこのところ激化しており、パレスチナ人42人、イスラエル人8人がこれまでに死亡。背景にはエルサレムの聖地をめぐる対立がある。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • あの日のジョブズは
  • 西村直人の乗り物見聞録
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • おとなたちには、わからない
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
スペシャルインタビュー<br>元ラグビー日本代表・畠山健介

今年から米メジャーリーグ・ラグビーのチームに所属、華やかな選手生活とは裏腹に幾多の葛藤を乗り越えてきた畠山選手。「ラグビーファンの拡大には、リーグのプロ化が不可欠だ」。新天地にいる今だから見えてきた日本ラグビー改革論を熱く語ります。