パート主婦が消える? パート労働者への社会保険適用拡大の是非

パート主婦が消える? パート労働者への社会保険適用拡大の是非

政府が3月末に提出した法案によると、2016年4月以降は、週20時間以上働き、月額賃金が7.8万円以上(年収94万円以上)のパート労働者に対し、正規労働者(以下、正社員)と同じように厚生年金や健康保険が適用される。新たに適用対象となるのは、従業員501人以上の会社に勤務する、勤務期間1年以上のパート労働者。全国で約45万人が対象になると見込まれる。

パートやアルバイト、派遣社員などの形態で働く、いわゆる「非正規労働者」は、10年に全国で1755万人(年平均、総務省「労働力調査」)。この数は、全雇用労働者約5100万人の34%を占める。もはや非正規労働抜きに日本の雇用や経済を語れなくなっている。

パート労働者のうち、週30時間以上働く人は、正社員と同じように事業主の保険料負担があり、相対的に給付が手厚い厚生年金や健康保険の対象になっている(図の(2)、以下被用者保険)。しかし、30時間未満の人は、国民年金や国民健康保険などの地域保険(同(1)と(3))に加入しているか、正社員の被扶養者(同(3))のいずれか、と異なる扱いを受けている。

今回の適用拡大は、労働時間が正社員より短いというだけで、地域保険や被扶養者のカテゴリーに入っている人を、被用者保険に移す動きだと評価できる。

当初の民主党案では、週20時間以上働く人全員(約370万人。図では、正社員の2分の1の線より右側すべて)へ対象を拡大することが検討されていた。しかし、企業や医療保険の負担増加を考慮して月収基準が設けられ、適用拡大の範囲は45万人にとどまった。 

 
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • iPhoneの裏技
  • 埼玉のナゾ
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
介護大全<br>お金、仕組み、施設を全検証

突然、訪れる親の介護にどう向き合えばよいか。3640人へのアンケートによる経験者の声を基に、介護の悩みや不安の解消策を考える。介護保険サービス利用の全容、4つのケースで試算した介護費用、老後の住まい徹底比較など、具体例を満載。