パート主婦が消える? パート労働者への社会保険適用拡大の是非

パート労働者以外の課題が抜け落ちた議論

結局この問題では何が問われているのか。労働政策研究・研修機構の浅尾裕研究所長は、「最も大きな影響を受けるのは、扶養されていないパート層。典型例が母子世帯の母親だ」と指摘する。子育てのためパートでしか働けない事情があり、収入も低い。長期的には被用者保険へ適用拡大することは望ましいが、本人にしてみれば、短期的には保険料負担を重く感じるかもしれない。この問題が一筋縄ではいかないゆえんだ。

また、非正規労働者の7割を占めるパート労働者に議論を絞ったため、それ以外の非正規労働者の問題点が、結果的に検討対象から抜け落ちてしまっている。

さらに、勤務先を2~3カ所掛け持ちして働く「ダブルジョブ」という働き方。母子家庭の母親に多い働き方だとされるが、1カ所の勤務が20時間未満なら、複数事業所の勤務時間を名寄せしないかぎり、社会保険の対象とはならない。

パート労働者への社会保険の適用拡大は、まさに「一歩前進」。問題解決の始まりにすぎない。

(撮影:梅谷秀司 イラスト:中井 涼 =週刊東洋経済2012年4月14日号)

※記事は週刊東洋経済執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります。

 

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 就職四季報プラスワン
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • 憧れから一歩前へ! キャンピングカーのある日常
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
地銀 最終局面<br>首相が追い込む崖っぷち

遅々として進まなかった地銀再編。しかし菅義偉首相は明確に踏み込みました。全国の地銀はどう動くのか、現状を徹底取材。今後起こりうる地銀再編を大胆予測。さらにビジネスモデルや行員の働き方にも注目し、地銀が生き残る道について探りました。

東洋経済education×ICT