「豊洲」は結婚した34歳が住む切ない街だった

周囲にいるのは自分と「同列」の人ばかり

今のマンションは、タワーマンションで、ベランダからは東京湾大華火祭が見えます。豊洲のタワーマンションに住んでいる人たちにとっては、かなりのポイントだったみたいなのですが、実は今年で最後みたいですよ(笑)彼を始め、住んでる人たちの、購入の際の決め手のひとつでもあったらしいので、署名活動するんだとか言っていますね。

ただ、私、タワーマンションって苦手です。マンションのエレベーターで住人同士が一緒になって、ボタンを押すときのあの一瞬の間……あの瞬間が嫌なんですよね……躊躇と、その後に訪れる気まずい感じは何なんでしょうね? 

同じマンションでも、階数によって値段がまるで違うのはわかっているので、上層部の人は、おカネ持ち特有の気遣いでボタンを押すのが心なしか遅い気がしますし、下層部の人たちは、エレベーターから降りるとき、自尊心を保つかのように毅然と笑顔であいさつをしてくれます。私はちょうど、17階と真ん中くらいのフロアなので、その両者を演じ分けています。

意識しないと、わからないような、小さな劣等感と優越感のシーソーゲームが毎日、エレベーターの中で繰り返されます。冷静に観察していると結構面白いですよ。

幸せってきっと、このタワーマンションのエレベーター内の劣等感と優越感のように相対的なものなんだなって最近思います。私は、誠実で、それなりの人と結婚しましたけど、絶対的に彼のことを好きで代替不可能かと言われると……正直よくわかりません。でも上を見てもキリが無いし、下を見ても仕方がない。自分の今置かれた状況で満足するしかないんだと思います。

何でもそろう『ららぽーと』『ビバホーム』

有楽町駅まで7分、銀座や東陽町、門前仲町、月島といった街も近いのですが、歩けるかというと微妙に歩けないんですよね。豊洲は、一つひとつの区画が大きく、表参道や、恵比寿の忙しい感じよりも、単調で長く感じますし、快適な生活を送るうえで車が絶対に必要です。

今まで、車なんて、必要ないって思っていました。都内にはタクシーもいっぱい流れていますし、維持費も馬鹿にならないし、お酒も飲めませんし……けど、豊洲で快適に暮らそうと思ったらやっぱり車は必要ですね。お酒は飲めなくなりましたけど、逆に、自然と生活が一気にヘルシーになって、最近はお酒もめっぽう弱くなった気がします。

あ、そうそう豊洲に住んだら皆、週1で必ずいく『ららぽーと』と『ビバホーム』! 強烈になんでもそろうから重宝してます(笑)独身の頃は周りに大きなスーパーもなく、成城石井とかでばかり買い物してた私からするとすごく新鮮です。

次ページ綾が行く豊洲のレストランとは?
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 子どもを本当に幸せにする「親の力」
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 角田陽一郎のMovingStudies
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
人気の動画
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
ウエルシアがイオンと挑む「ドラッグストア飽和」打破の勝算
ウエルシアがイオンと挑む「ドラッグストア飽和」打破の勝算
百貨店の最終兵器「外商ビジネス」が抱える難題
百貨店の最終兵器「外商ビジネス」が抱える難題
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「非財務」で生きる会社、死ぬ<br>会社 企業価値の新常識

今や株価を決める最大の要因は「非財務情報」というのが世界の常識に。優れた開示を行えば企業価値の向上につながる一方で、開示が不十分だと株を売られるリスクも。企業価値の新常識をめぐる混乱とその対処法に迫りました。

東洋経済education×ICT