ラグビー、日本フィーバーは終わっていない

訪日客増加に繋げる大きなチャンス

ロンドンのジャパンパビリオンに貼られていた「作品」の数々

日本は確かにベスト8には残らなかったが、今回の大会では間違いなく「敢闘賞」の特別表彰を受けてもよさそうだ。大会を主催するワールドラグビーはそれに向けた伏線を打っている。

ワールドラグビー「ベスト・モーメント」の案内。南ア戦への投票は#RWCJAPAN

決勝当日の10月31日まで、大会の公式フェイスブックページで「ラグビーW杯史上のベスト・モーメント(最高の瞬間)を決める投票を実施している。4つあるベスト・モーメントの候補のひとつとして、日本代表が南アフリカ代表に勝利した瞬間がエントリーされている。

ファンからの最多得票となった「瞬間」を決勝翌日に表彰するとしているが、目下のところ、日本×南ア戦が選出される可能性が非常に高い。世界中のファンが客観的に日本代表を讃え、それを次期大会に繋げようとする主催者の熱い心が見え隠れする。

フェイスブック上で日本代表のサポーターたちに投票を呼びかけている、ファンページ運営者の1人、永井典子さんは「皆さんそれぞれの力で大きな結果をもたらしましょう。今度はファンが伝説を作る番」と訴えている。

日本への興味が高まっている

世界のラグビー界、いや世界の人々からの大きな注目を浴びているニッポン。皮肉にも、政府が進めている「○○という町は▽▽というものがあってこんなに楽しいですよ。ぜひお越しください!」といったプロモーションとは全く異なる形で流行る結果になっているが、どんな形であれ「外国人に日本に興味を持ってもらう」ことが重要だ。

国内外で盛り上がるラグビー日本代表フィーバーを、訪日客誘致拡大につなげるのにどう役立てるか。次期大会の開催都市だけでなく、全国の街々がこのテーマに積極的に取り組むことを期待したい。
 

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • 食べれば世界がわかる!カレー経済圏
  • コロナ後を生き抜く
  • 井手隊長のラーメン見聞録
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
悪用された「ドコモ口座」<br>セキュリティーに3つの問題

「ドコモ口座」を使った預金の不正引き出し事件。背景としては、回線契約がなくても口座が使える「ドコモ口座」自体と、安全性の脆弱なシステムで口座接続していた銀行側の双方に問題がありました。情報漏洩の経路も不明で、今後の対応が問われています。

東洋経済education×ICT