ラグビー、日本フィーバーは終わっていない

訪日客増加に繋げる大きなチャンス

ロンドンのジャパンパビリオンに貼られていた「作品」の数々

日本は確かにベスト8には残らなかったが、今回の大会では間違いなく「敢闘賞」の特別表彰を受けてもよさそうだ。大会を主催するワールドラグビーはそれに向けた伏線を打っている。

ワールドラグビー「ベスト・モーメント」の案内。南ア戦への投票は#RWCJAPAN

決勝当日の10月31日まで、大会の公式フェイスブックページで「ラグビーW杯史上のベスト・モーメント(最高の瞬間)を決める投票を実施している。4つあるベスト・モーメントの候補のひとつとして、日本代表が南アフリカ代表に勝利した瞬間がエントリーされている。

ファンからの最多得票となった「瞬間」を決勝翌日に表彰するとしているが、目下のところ、日本×南ア戦が選出される可能性が非常に高い。世界中のファンが客観的に日本代表を讃え、それを次期大会に繋げようとする主催者の熱い心が見え隠れする。

フェイスブック上で日本代表のサポーターたちに投票を呼びかけている、ファンページ運営者の1人、永井典子さんは「皆さんそれぞれの力で大きな結果をもたらしましょう。今度はファンが伝説を作る番」と訴えている。

日本への興味が高まっている

世界のラグビー界、いや世界の人々からの大きな注目を浴びているニッポン。皮肉にも、政府が進めている「○○という町は▽▽というものがあってこんなに楽しいですよ。ぜひお越しください!」といったプロモーションとは全く異なる形で流行る結果になっているが、どんな形であれ「外国人に日本に興味を持ってもらう」ことが重要だ。

国内外で盛り上がるラグビー日本代表フィーバーを、訪日客誘致拡大につなげるのにどう役立てるか。次期大会の開催都市だけでなく、全国の街々がこのテーマに積極的に取り組むことを期待したい。
 

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • あふれる独自性 ニッポンのすごい研究者
  • 本当は怖い住宅購入
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
改正対応待ったなし!<br>働き方と仕事の法律

同一労働同一賃金の本格化、中小企業でのパワハラ防止対策の義務化など、今年は重要な改正法の施行が目白押し。2022年に施行される法律の要点に加え、昨年の4月に施行された改正民法も総点検。改正ラッシュへの備えを万全にするための法律虎の巻です。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT