ノマドライフ 好きな場所に住んで自由に働くために、やっておくべきこと 本田直之著

ノマドライフ 好きな場所に住んで自由に働くために、やっておくべきこと 本田直之著

昨今、「ノマド」という言葉が注目されている。英語で「遊牧民」をさすが、最近では「オフィスを持たず、ネットやモバイルを駆使して様々な場所で仕事をする」といった意味で使われるようになった。満員電車や残業とは無縁と思われるこの新しい働き方に憧れを抱く人も多いだろう。

本書もタイトルに「ノマド」を掲げている。だが、「カフェでノートパソコン1台で仕事をする」ためのライフハックを伝授するような単純な内容ではない。仕事はもちろん、「住む場所、生活、趣味などを含めたライフスタイル全般の話」が主軸であり、仕事と遊びの垣根を超え、場所・時間・モノ・おカネに縛られないで生きていくための心構えや具体的なトレーニング法を提唱している。

著者は、『レバレッジ・リーディング』(東洋経済新報社)などのレバレッジシリーズがベストセラーとなった本田直之氏。東京とハワイに拠点を持ち、世界中を移動しながら会社経営をはじめ講演や執筆など様々な活動を行っている。

トライアスロンやサーフィンなど趣味もしっかり謳歌しており、ワインに関しては趣味が高じてワイン講座の講師まで務めている。著者自身がまさに、好きな場所に住んで自由に働く「ノマドライフ」の実践者なのだ。

会社員にとっては手の届かない夢のような暮らしに感じられるかもしれないが、ネットやスマートフォンなどテクノロジーの発達により、誰もがノマドライフを選択できる時代になったと著者は言う。

何も海外に拠点を持つことはない。東京で仕事をし、家族とのゆったりした生活は物価の安い郊外で楽しむというのもノマドライフであり、仕事かプライベートかといった従来の区分けで人生を固定化するのをやめ、自分らしさを追求することを推奨している。

ただし、ノマドライフは今すぐにできるものではないという。順風満帆に見える著者でさえ、「ベースをつくる時期(5年)」、「方向性を模索する時期(3年)」、「未来につながる実績を残す時期(5年)」、「転換期(2年)」、「実践期(5年)」と、今のスタイルを確立して順調に生活できるまでに20年もの歳月を費やしている。趣味を一切中断していた時期もあるそうだ。

 

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • グローバルアイ
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 今見るべきネット配信番組
  • コロナ後を生き抜く
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
激動相場に勝つ!<br>株の道場

6月18日発売の『会社四季報』夏号が予想する今期業績は増収増益。利益回復に支えられる株価が上値を追う展開になるか注目です。本特集で株価が動くポイントを『会社四季報』の元編集長が解説。銘柄選びの方法を示します。

東洋経済education×ICT