格安で英語留学したければフィリピンへ行け

急増する日本人経営校で、何が学べるのか

フィリピン・セブ島の海辺

小学校の英語教育、企業でのグローバル化、訪日外国人の増加など、日本人にとって英語はますます身近になり、その必要性も高まっています。「今こそ本気で英語を身に付けたい」と感じているビジネスパーソンや学生は多いでしょう。

英語を身に付けるために有効な手段の一つが「海外留学」。とはいっても、欧米やカナダなどの英語圏の大学に通った場合、平均すると学費だけで1カ月当たり30万円ぐらいが必要になり、それに生活費や渡航費などが加わります。

一般的な社会人に海外留学はハードルが高い

特に一般的な社会人にはなかなか難しいものです。海外留学制度がとても充実している超大企業に勤めているような人以外は、かなりの自費を投じ、しかも1年単位の休職までしなければならないとなったら、そもそも金銭面で及び腰になってしまうのが普通でしょう。

「もっと手軽に英語を学ぶための留学ができないのか」。そんなニーズの高まりに乗って、急速に注目が集まっているのがフィリピンへの英語留学です。

「ここ最近、フィリピンでは日本人が経営する英語学校がすごい勢いで増えています」とリゾート地のセブ島で留学エージェントの仕事をしている若村雄介氏は言います。

筆者は最近、約2週間にわたってセブ島にある「Brighture」「QQEnglish」「サウスピーク」など主に日本人が経営し、留学生を受け入れている英語学校を5校回ってきました。今回はその現場で見聞きしたことを中心に、フィリピンへの英語留学の実像についてリポートします。

フィリピンで英語留学とはあまりイメージが沸かない人も多いでしょうが、タガログ、セブアノ語に加え英語が母国になっているのがフィリピン。アメリカ企業からのオフショアサービスとしてコールセンターの業務委託を多く受けているほど、国民のほとんどが英語を普通に話します。

大学教育レベルの教育を受けたフィリピン人だとネイティブクラスの英語、発音を身につけている人も珍しくはありません。明るい国民性やサービス精神に溢れるキャラクターが英語を教えるという職種に向いているという声も聞かれます。「欧米留学へのステップとして捉えている人も多い」(留学口コミサイトSchoolWithの太田英基代表)という話もあります。

次ページ最大のメリットは?
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 「お金で損しない」森永康平のマネーリテラシー講座
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
メタバース革命が始まる<br>全解明 暗号資産&NFT

不正流出事件から4年。復活不可能に見えたビットコイン相場は米国主導で活況を取り戻しました。暗号資産を使ったNFTの購入、そしてNFT取引が広がるメタバースにもビジネスの機会が広がっています。日本は暗号資産とどう向き合うのでしょうか。

東洋経済education×ICT