格安で英語留学したければフィリピンへ行け

急増する日本人経営校で、何が学べるのか

もう1つ大事なのが留学前の事前の勉強です。マンツーマンが基本だということは講師とのやりとりが成立しないと授業が成り立たない。クラスの中でやりとりが出来るようになっていくのを期待するのではなく、やり取りがある程度できるようになっておいてから行くことで、英語の伸びがまったく変わってきます。

基礎文法と基本発音は事前準備しておこう

事前準備のポイントはずばり、基礎文法と基本発音です。中学校で習う文法はまずは行く前に必ず復習しておくこと。基礎文法と母音や子音の発音の基礎、だけでも押さえてから行くと聞き取りも英語の理解度も遥かに増します。

フィリピンの英語学校で寝泊まりする大部屋の様子

ところで、フィリピンというと治安に関して不安を抱く人も多いと思います。筆者も行くまではかなり不安でしたが、行ってみた感想としては外出の時間を守り、危険な所へ出向かなければ安心して暮らせる、という印象で、気をつけること自体は諸外国のそれと変わりません。

ただインフラ的な面でのクオリティーはやはりまだまだな部分も多く、Wi-Fiの速度や交通手段に関してはあまり期待しないほうがいいでしょう。また食に関しても現地の食事はなかなか日本人の口に合いません。過度な期待さえしなければ、日本食レストランやモールの中の料理店は満足できるレベル、といったぐらいです。

必要に迫られモチベーションもある程度はあるけれどなかなか英語学習にコミットできない、そんな人にとって、フィリピンへの英語留学は有力な選択肢の一つになり始めています。英語ができれば世界は変わる。これは間違いのない事実です。

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショックの大波紋
  • おとなたちには、わからない
  • 最強組織のつくり方
  • 岐路に立つ日本の財政
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナ戦争は国家総力戦に<br>迫り来る「感染爆発」

東京のロックダウン、病床の不足……。新型コロナウイルスと戦う日本の国家体制を整理し、最前線の医療現場を支える根拠法を踏まえて詳解しました。経済対策はリーマンショック時を上回る60兆円超が見込まれています。