格安で英語留学したければフィリピンへ行け

急増する日本人経営校で、何が学べるのか

最大のメリットはコストパフォーマンス。学費は平均すると月10万円ほど。いろいろひっくるめて欧米などの半分以下、場合によってもっと格安の費用で留学できるというのだから、学生はもちろん社会人にとっても気になる話でしょう。

フィリピンの英語学校における一般的な一人部屋の様子

フィリピン留学の大きなポイントが、人件費の安さで可能になる「マンツーマンレッスン」という授業のスタイルです。英語力を伸ばすためにはインプットも必要なのですが、やはりアウトプット、英語を話す機会が多くないと英語が飛び交う環境に飛び込んだ意味がありません。

マンツーマンでのレッスンは必然的に相手の言っていることを理解しないといけない、また言いたいことを伝えないといけないという環境を常に生みます。かつて経験したことのない量の英語を聞いて話すことになります。

筆者は常日頃、日本にいながらも英語で仕事を行い、コミュニケーションを取っているのですが、フィリピンの英語学校での体験を振り返ると、短い期間に驚くほどの量で英語を話すという経験は初めてでした。ほぼ起きている間、ずっと英語を話すのです。英語の学び始めで、いきなりネイティブの中に飛び込んで英語を話すのは精神的につらい、そう感じる初心者などにはこの経験は大きな財産になります。

欧米留学の失敗例で多いのは「英語を話さない」こと

欧米に留学すれば必ずしも毎日ネイティブとの英語の大量のコミュニケーションが待っている、というワケではありません。欧米留学でよく聞くのは、「大人数のクラスでの留学だったが、講師の話を一方的に聞くだけで終わってしまい、話す機会が得られなかった」という失敗談。クラスメイトもほとんどがアジアや中東の生徒ばかりで、お互い下手な英語でコミュニケーションがうまく取れず、クラスの外での英語の使用も思った以上に少なかった、という話もよく聞きます。

では、これでどのくらい英語が伸びるのか?数週間や数カ月で英語が伸びますか?と言われれば、実際にはなかなか難しいものだと思います。英語力として思い願うレベルや目標もさまざまでしょう。

ただ、浴びるほど英語を浴びた経験が、ある人とない人ではその後の英語学習に対する姿勢がまるっきり違ってくるはずです。留学を経て英語力をグンと伸ばした人のほとんどが、帰国後に日本国内で追加学習しています。まずは当たり前に英語を話すという体験を通し、「このくらい勉強しないといけないんだな」「このくらい難しいものなのだな」ということを、肌で感じられる経験こそが財産なのです。

次ページ失敗を避けるためには?
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 山本シンヤが迫るクルマ開発者の本音
  • コロナショックの大波紋
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 晩婚さんいらっしゃい!
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
ヤマダと組んで赤字脱出なるか<br>崖っぷち大塚家具 “最後”の闘い

昨年末に大塚家具を子会社化したヤマダ電機の大型店で、提携の具体策となる家電と家具のセット販売が始まりました。ただ、ヤマダの業績も振るわず、大塚は自社を立て直す“パーツ”にすぎません。大塚家具ブランドの存在意義さえ危うく、今後1年が正念場です。