オバマ大統領、任期中のアフガン撤退断念 

2017年以降も5500人駐留

 10月15日、オバマ米大統領は2016年末に予定していたアフガニスタン駐留米軍の完全撤退を断念する方針を発表した(2015年 ロイター/JONATHAN ERNST)

[ワシントン 15日 ロイター] - オバマ米大統領は15日、2016年末に予定していたアフガニスタン駐留米軍の完全撤退を断念する方針を発表した。約1万人の駐留規模を継続し、2017年中に5500人に縮小する。

オバマ大統領は政策を転換する理由として、現地の状況を考えるとアフガン政府軍の治安能力はまだ十分ではないと説明。アフガン駐留軍の段階的縮小に向けた「小規模で意味のある」計画修正だと述べた。

大統領はこれまで、2017年1月の任期終了までに首都カブールの米大使館を拠点とする要員を除き、すべての部隊を撤退させる方針だった。新たな計画では、カブールのほか、首都北方のバグラム空軍基地、東部ジャララバード、南部カンダハルに部隊を置く。

アフガンでは、反政府武装勢力タリバンが北部クンドゥズを一時制圧するなど攻勢を強めており、オバマ大統領は駐留存続を求める軍当局や共和党などから圧力を受けていた。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
三菱重工と日立 「統合」破談から<br>10年 製造立国の岐路

10年前に統合構想が破談になった三菱重工業と日立製作所。その後両社は対照的な道を歩み、2009年に伯仲していた時価総額は今や日立が大きく上回っています。本特集では明暗が分かれた三菱重工と日立を主軸に、製造立国・日本の生きる道を探りました。

東洋経済education×ICT