ホールマッチで、ゴルフは進化する

プロゴルファー/青木 功

 最近の柔らかな日差し、ゴルフにいい季節になりました。こんなゴルフ日和に気持ち良くプレーをするには、冬場のトレーニングでの基礎体力が必要なのは言うまでもありません。私は今年、寒い東京を離れ、ハワイ、沖縄でみっちりトレーニング・・・と言いたいところですが、最近、無理はいけません。昔鍛えた体を労わりながら、如何にそれを継続するかに重点を置いているのです。

そんなトレーニングの中頃、千葉県の茂原にあるゴルフ場の監修をしているものですから、下見がてら小雪のちらつく中をラウンドをしていると、3番ホールのパー3、ピンが手前で125ヤードほどの距離でしたが、9番アイアンで打ったボールが、ピン奥に乗ったと思ったら、バックスピンでホールインワン。今年は初めて、これで生涯16回目の経験です。知人に聞いてみるとプロゴルファーは3756回に1回、アマチュアは1万2750回に1回の確率とのことです。私のゴルフ歴、五十数年に対して16回のホールインワンは多いか少ないか、アマチュアの方に聞いてみると「意外と少ない」と思う方が多いはず、そこがプロとアマのゴルフの戦略、考え方の違いと思うのです。

ゴルフはどんな競技かというと「次のショットが打ちやすい所にボールを運ぶスポーツ」なんですね。ですから、仮にそこが、短いショートホールであっても、次のショット、ここではパットになりますが、易しいパットのラインに打っていくのがゴルフなんです。パー3、パー4にかかわらず、コース設計者は短いホールほどグリーンにうねりを強くするのが普通です。短いパー3はショートアイアンで打てるからといって遮二無二にピンを狙うと、ホールインワンはアマチュアが1万2750分の1の確率ですから、直接カップインするには数十年かかる計算。うまくピンの左右、1、2メートルに乗ってもピン横や奥からのラインは難しく作られ、3パットの可能性は大です。少しぐらいピンから遠くても易しいライン、自分の好きなラインに乗せようと思うのがゴルフ巧者です。これは普段のプレーをマッチプレーで楽しんでいる方はご存じのはず。もともと、ゴルフはおよそ700年前、マッチプレーで始まったスポーツです。マッチプレーは一緒に回った相手より、1打少なく回れば、そのホールを勝てるわけです。パー3で相手が先に打って背丈ほどある深いバンカーに落としたら、良くてボギー、自分は2パットのパー狙い、無理やりピンなど狙う必要はないのです。ストロークプレーのプレーオフと似てますが、ゴルフはホールマッチで楽しんだほうがゴルフ上達の早道なのです。

それは、ゴルフと云うスポーツはプレーヤーがコースに出たら技術以上にコース戦略が物を言い、と同時にワンショットの重みを肌で感じられるからです。マッチプレーを経験するとあなたのゴルフが進化しますよ。

プロゴルファー/青木 功(あおき・いさお)
1942年千葉県生まれ。64年にプロテスト合格。以来、世界4大ツアー(日米欧豪)で優勝するなど、通算85勝。国内賞金王5回。2004年日本人男性初の世界ゴルフ殿堂入り。07、08年と2年連続エージシュートを達成。現在も海外シニアツアーに参加。08年紫綬褒章受章。
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショック、企業の針路
  • コロナ後を生き抜く
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 西村直人の乗り物見聞録
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
なぜ取締役会に出席しない?<br>会社側の苦しい「言い訳」

役員会に出席せず改善の兆しがない取締役は、機関投資家や議決権行使助言会社から厳しい目を向けられています。株主総会招集通知から、取締役・社外監査役の取締役会出席率を独自集計し、欠席の多い人のランキングを作成しました。安易な選任の実態は?