シャツをインする規定もう見直しませんか!?

漫画家/弘兼憲史

 オヤジのゴルフファッション=休日のお父さんというイメージで、いわゆる“ダサい服装”だといまだ認識されています。世のお父さん方は、自分でお洒落な服など買わない、買うのはゴルフ用のポロシャツやズボンくらい、だからそれで普段の休日も過ごしちゃうんですよね。でもゴルフファッションというのは、非常に型にはめられたもので、一つのパターンなわけですよ。ダサいのもしょうがないと言えるかもしれません。

ゴルフ場にはそれぞれ服装の規定があり、名門ほどその決まりがうるさいです。各ゴルフ場が発行しているマナーブックなどには「こういうファッションをしましょう」みたいなイラストが描いてありますが、これが「いつの時代のファッション?」 という古臭さなんですね。名門といわれる所はだいたい50年以上は経っていますが、たぶん当時からまったく変えてないのだろうと思われます。内容は、まずゴルフ場に行く際にはジャケット着用でジーンズはダメっていう所が多い。プレー中もTシャツではなく襟つきシャツでなければダメ。ズボンも短いものはダメで、ハイソックス着用ならOK。そして極め付きが、ポロシャツはズボンの中にインしなければいけないということ。今どきポロシャツをインするやつって、日本にはいないですよね。街なかでやっていると、かなり目立って恥ずかしいです。この決まり、もうそろそろ変えていいのでは? と思います。

そもそも紳士のスポーツだから、くだけた格好はダメという理屈ですが、ポロシャツを上に出すことがくだけてるかというと疑問を感じます。むしろインしているほうが、センスのないやぼったい人に見えて、“紳士”には見えないかも。それに襟つきシャツじゃなきゃダメっていうけれど、プロなんかはハイネックとか着てますし、ゴルフ用品メーカーの有名ブランドからも、襟のないウエアはいっぱい出てますよね。スパイダーマンことカミロ・ビジェガスなんかのファッションもそうとう変わっています。プロならいいけどアマチュアはダメっていうのもおかしな話です。ランニングシャツは、まあダメにしろ、Tシャツがいけないというのも理由がよくわかりません。

ジーンズも今やフォーマル化している時代です。アカデミー賞授賞式でも、上がタキシードで下はジーンズという格好を堂々としてますし、値段の問題じゃないけど、今や何十万円もするジーンズだってあります。はたしてジーンズはくだけているのでしょうか? 革靴と合わせるなど、着こなせばいいのではと思います。きっとマナー委員会は爺さんばっかりで、ファッションの固定観念を変えるのが難しいんでしょうが、多少は時代の流れもくんでほしいものです。
 ちなみに、僕もプレー中はポロシャツをちゃんとインしています。お腹のポッコリがより際立つので、早めの改定を希望します(泣)。

漫画家/弘兼憲史(ひろかね・けんし)
山口県出身。早稲田大学法学部卒。松下電器産業(現パナソニック)勤務を経たのち、1974年に漫画家としてデビュー。現在、『島耕作』シリーズ(講談社)、『黄昏流星群』(小学館)を連載するほか、ラジオのパーソナリティとしても活躍中。
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 赤木智弘のゲーム一刀両断
  • 今見るべきネット配信番組
  • 日本人が知らない古典の読み方
  • 貧困に喘ぐ女性の現実
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ストロング系チューハイの光と影
ストロング系チューハイの光と影
「電話嫌いの若者」が急に増えた意外すぎる理由
「電話嫌いの若者」が急に増えた意外すぎる理由
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「未来を知る」ための読書案内<br>ベストブック2021

先を見通せない日々が続きますが、本を開けばアフターコロナ時代のヒントがあふれています。本特集では、有識者や経営者、書店員らが推薦した200冊を掲載。推薦数の多い順にランキングしました。あなたにとっての珠玉の1冊を探してみてください。

東洋経済education×ICT