就任1年で優勝、ヤクルト真中監督の采配術

「3本の矢」は、なぜ成功したのか

2年連続最下位チームをいきなり優勝に導くには、選手の成長はもちろん、数多くある弱点も解消しなければならない。しかもメスを入れる順番も間違えるわけにはいかなかった。

誰が見ても明白だったのは投手陣の強化。個々のスキルアップをじっと待つわけにはいかない。着手したのは救援陣の整備。「邪道かもしれないね」と笑ったが、ロマン、オンドルセク、バーネットの外国人3投手を救援に配した。救援陣が助け合いながら結果を残すと、先発陣の精神面の安定剤ともなった。

意識した投打のバランス

小川、石川、館山が「ウチには頼れる救援陣がいる。最初から飛ばしていけるところまでいって、リードしてバトンを託す」と口をそろえた。終盤まで投げきらなければならないという重圧から解放された。

昨年猛打をふるった強力打線では、打順に手をつけた。7月のオールスター以降、川端を2番に据え、3番に山田、4番に畠山と並べた。川端にはこう伝えた。

「2番でもバントのサインは出さない。併殺も増えるだろうが、気にせず自分の打撃をすればいい。普通にヒットを打ってくれ」

川端の頭の中に進塁打の概念は消えた。「最低限」を考えさせるのではなく、選手の特長を発揮するためのスペースを真中監督は与えた。

「3人を並べたかった。何となく下位が薄いからバラしたくなるけど、そうするとどこかに弱さが出て、勝負を避けられる。川端でも、山田でも、畠山でも勝負してほしいと思った」

日本の野球界の常識で言えば、1番とクリーンアップ(3~5番)に中心選手を置く。だが、2番が単につなぎ役の選手であれば、そこで相手に息をつかせてしまう。3人をくっつけることで、前を打つ2人(川端、山田)は勝負に出ることができるし、前2人の出塁で生まれたビッグッチャンスを最後の1人(畠山)が還すこともできる。「3本の矢」は相乗効果を生んだ。

次ページなぜ3本の矢の発想ができたのか
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 新型ジムニー買っちゃった
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
ZOZOに立ちはだかる<br>「ゾゾ離れ」より深刻な課題

盤石だったZOZOの収益基盤が揺らぎ始めた。常時割引の有料会員サービスで混乱を招いたが、さらに深刻な事態が。今年度の通期業績が上場後初の営業減益になる見通しとなったのだ。上場以来最大の正念場を乗り越えることができるか?