上場を視界に捉えた79歳起業家の商売哲学

食材卸サイト「Mマート」で消費者向け販売へ

村橋氏は新宿・歌舞伎町でお好み焼き屋を営み、店で仕入れた食材を家庭でも使っていた。そのお好み焼き屋を最近閉店して店の食材が使えなくなってから、夫人が百貨店で購入した「高級和牛」を自宅で食した松橋氏は愕然とした。「おいしくなかった」からだ。

「一般の消費者は高級品として、この程度のものを食していたのか」。そう思った松橋氏はがぜん、一般消費者向けのサイトの立ち上げに動き出したのだ。

80歳過ぎての上場目指す

村橋氏は今年79歳を迎えたが、Mマートは株式上場の準備を具体化させている。上場を目指す理由について村橋氏は「懸命にやってきて考えもしなかったが、ある日、自分の年齢に気が付いたから」と語る。自分がいなくなっても、Mマートの事業を続けなればいけない。実際、売り手業者の中には「Mマートがなくなったら、私も事業を閉じる」という人も少なくない。

事業継続のために、たどり着いた結論が株式上場だった。資金作りが目的と批判されるような株式上場のケースが散見されるだけに、村橋氏が到達した株式上場の意義は尊い。上場企業がパブリックと言われるゆえんの再確認でもある。

現在、上場予定まで2年を切った。実現すると、村橋氏は80歳を超えている。おそらく、高齢創業者による株式上場としては「ギネスブック」ものだ。東芝事件では、利益水増しの行為の代名詞のように使われて泥をかぶったチャレンジという言葉も本来、こういうことに使われるべきものである。79歳のチャレンジに注目したい。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 就職四季報プラスワン
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 会社を変える人材開発の極意
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
チャイナ・スタンダード<br>新・ハイテク覇権国 中国

5G、IoTなど次世代技術の主導権をめぐって激突する米中。その間にも中国テック企業のイノベーションは着々と進む。ファーウェイ、アリババ、鴻海……。世界のハイテク覇権を狙う中国企業たちの実力を総点検する。