縮少する国内自動車マーケット “外弁慶”スバルが挑む国内販売テコ入れ大作戦

その柱は三つ。独自保険の拡充、試乗キャンペーン、そして販売員の認定資格制度だ(図)。

真っ先に取り組んだのは、スバル保険の拡充。日産自動車やホンダも独自の自動車保険を展開しているが、スバル保険では他社にない「距離無制限」のレッカー移動を組み込んだ。一般的な自動車保険の場合、追加料金がかからないレッカー移動の距離に制限がある。この制限をスバル保険はなくした。

これにより、トラブル時は原則、自宅近くのスバル販売店に搬送される。スバル車専門の技術者が対応することで安心感が高まり、車好きが多いといわれるスバルユーザーにとって魅力的な内容となる。一方、スバルにとっても、確実に自分たちの販売店で修理をすることで、収益面でプラスになるメリットがある。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 就職四季報プラスワン
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • 最新の週刊東洋経済
  • 最強組織のつくり方
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「氷河期」を救え!<br>どこまで進む?就労支援

バブル崩壊後の不況期に学校を卒業し、就職難に苦しんできた「氷河期」世代。彼らをめぐる状況が変わり始めています。政府は650億円を投じ就労支援を開始、中小企業の正社員採用も広がってきました。この好機を生かす秘訣を探ります。