縮少する国内自動車マーケット “外弁慶”スバルが挑む国内販売テコ入れ大作戦

縮少する国内自動車マーケット “外弁慶”スバルが挑む国内販売テコ入れ大作戦

小雨の降る年明けの週末。例年なら、年末商戦を終え客足が落ち着くこの時期。東京都三鷹市にある富士重工業(以下スバル)の販売店は活気に満ちあふれていた。

スバルといえば、“スバリスト”と呼ばれる熱狂的なファンを持つことで知られるが、この日の客層は、若いカップル、家族連れ、老夫婦などさまざまで、来客駐車場にはスバル車のみならず、他社の国産車や外国車がズラリと並んだ。

客の目当ては、自動ブレーキシステム「アイサイト」搭載車や昨年11月に発売した新型「インプレッサ」だ。特にインプレッサは目標月販台数の3倍を上回るペースで受注、納車まで4カ月待ちの状況。ただ、販売好調は新車種効果“だけ”ではない。ここ数年、スバルは国内販売の改革を進めてきた。その成果が実を結びつつあるのだ。

北米が支える業績 国内は守りの体制構築

スバルはリーマンショック後の赤字転落から、2010年度にV字回復を遂げた(図)。牽引役は海外、とりわけ北米市場での「レガシィ」の大ヒットだ。


ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 埼玉のナゾ
  • 日本野球の今そこにある危機
  • スージー鈴木の「月間エンタメ大賞」
  • 僕/私たちの婚活は今日も終わらない
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
ニセコ 熱狂リゾートの実像<br>開発に翻弄される小さな北の町

「パウダースノー」を求め、北海道のニセコに殺到する外国人客。その数は住民約2万人の14倍にも及びます。観光ばかりでなく、別荘が建ち不動産投資も活発化しましたが、地価高騰やインフラ整備負担による財政圧迫の問題も出ています。活況と苦悩の両面に迫りました。