縮少する国内自動車マーケット “外弁慶”スバルが挑む国内販売テコ入れ大作戦

縮少する国内自動車マーケット “外弁慶”スバルが挑む国内販売テコ入れ大作戦

小雨の降る年明けの週末。例年なら、年末商戦を終え客足が落ち着くこの時期。東京都三鷹市にある富士重工業(以下スバル)の販売店は活気に満ちあふれていた。

スバルといえば、“スバリスト”と呼ばれる熱狂的なファンを持つことで知られるが、この日の客層は、若いカップル、家族連れ、老夫婦などさまざまで、来客駐車場にはスバル車のみならず、他社の国産車や外国車がズラリと並んだ。

客の目当ては、自動ブレーキシステム「アイサイト」搭載車や昨年11月に発売した新型「インプレッサ」だ。特にインプレッサは目標月販台数の3倍を上回るペースで受注、納車まで4カ月待ちの状況。ただ、販売好調は新車種効果“だけ”ではない。ここ数年、スバルは国内販売の改革を進めてきた。その成果が実を結びつつあるのだ。

北米が支える業績 国内は守りの体制構築

スバルはリーマンショック後の赤字転落から、2010年度にV字回復を遂げた(図)。牽引役は海外、とりわけ北米市場での「レガシィ」の大ヒットだ。


ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
三菱重工と日立 「統合」破談から<br>10年 製造立国の岐路

10年前に統合構想が破談になった三菱重工業と日立製作所。その後両社は対照的な道を歩み、2009年に伯仲していた時価総額は今や日立が大きく上回っています。本特集では明暗が分かれた三菱重工と日立を主軸に、製造立国・日本の生きる道を探りました。

東洋経済education×ICT