渋滞よさらば!「ラウンドアバウト」とは何か

信号のない交差点、走り方を知っておこう

「ラウンドアバウト」を知っていますか?

2014年9月から、日本でも「ラウンドアバウト」と呼ばれる交差点の設置が始まりました。信号がないので慣れるまでは戸惑いそうですが……。

ラウンドアバウトとは、日本語で環状交差点のことを指します。円形交差点の一種であり、信号のない道路となります。日本にはこれまで存在しなかった形式の交差点でしたが、2014年9月1日、全国7都道府県、15カ所で運用が始まりました。2015年3月時点では全国の42箇所がラウンドアバウトに指定されています。

ラウンドアバウトのメリット

信号がないので、歩行者が横断していないのに横断歩道が赤信号のために待つ時間などが解消され、交通渋滞を減らす効果もあります。また災害時は、停電などで信号が機能しないような場合でも、もともと信号のないラウンドアバウトなら混乱も少ないでしょう。

交通事故の発生が危惧されるかもしれませんが、アメリカでは既存の信号のある交差点からラウンドアバウトに変更したことで、事故の発生率が下がったというデータもあります。

次ページラウンドアバウトのルール
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 日本資本主義の父 渋沢栄一とは何者か
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
三菱重工と日立 「統合」破談から<br>10年 製造立国の岐路

10年前に統合構想が破談になった三菱重工業と日立製作所。その後両社は対照的な道を歩み、2009年に伯仲していた時価総額は今や日立が大きく上回っています。本特集では明暗が分かれた三菱重工と日立を主軸に、製造立国・日本の生きる道を探りました。

東洋経済education×ICT