渋滞よさらば!「ラウンドアバウト」とは何か

信号のない交差点、走り方を知っておこう

「ラウンドアバウト」を知っていますか?

2014年9月から、日本でも「ラウンドアバウト」と呼ばれる交差点の設置が始まりました。信号がないので慣れるまでは戸惑いそうですが……。

ラウンドアバウトとは、日本語で環状交差点のことを指します。円形交差点の一種であり、信号のない道路となります。日本にはこれまで存在しなかった形式の交差点でしたが、2014年9月1日、全国7都道府県、15カ所で運用が始まりました。2015年3月時点では全国の42箇所がラウンドアバウトに指定されています。

ラウンドアバウトのメリット

信号がないので、歩行者が横断していないのに横断歩道が赤信号のために待つ時間などが解消され、交通渋滞を減らす効果もあります。また災害時は、停電などで信号が機能しないような場合でも、もともと信号のないラウンドアバウトなら混乱も少ないでしょう。

交通事故の発生が危惧されるかもしれませんが、アメリカでは既存の信号のある交差点からラウンドアバウトに変更したことで、事故の発生率が下がったというデータもあります。

次ページラウンドアバウトのルール
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • あの日のジョブズは
  • 西村直人の乗り物見聞録
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • おとなたちには、わからない
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
文具業界を揺るがす動乱<br>「コクヨvs.プラス」の全真相

昨年末のぺんてる株をめぐる文具2強によるプロキシーファイト(委任状争奪戦)。両社のバトルには、8月に設立したプラスの卸子会社が2年前の計画で一度頓挫していたことにも伏線が。縮小する文具業界再編をめぐる壮絶な主導権争いに迫ります。