鹿児島と沖縄も、実は「国道」で結ばれている

全国に24本ある「海上国道」の秘密

(写真:森川 孝郎)

普段、何気なく歩いたり、車で走ったりしている国道。世の中には、なんだかヘンな、ちょっと変わった国道があるのをご存じだろうか。たとえば、青森県の"階段国道"。津軽半島の龍飛岬(たっぴみさき)付近を通る国道339号線には、一見歩行者専用にしか見えない362段の「階段」だけがある区間が存在するが、これも立派な国道なのだ。もちろん車は通れない。

今回の記事で紹介する"海上国道”も、そんな変わり種国道の一種だ。海上国道と聞くと、写真のように海の上を道路が走っているようなイメージが思い浮かぶかもしれない。「東京湾アクアライン」は、「海ほたる」から川崎側は海底トンネル、木更津側は海上に架かる橋になっているが、これなど、まさしく海上国道のイメージにピッタリではないだろうか。

フェリーで渡る、不思議な国道

この記事は「フェイスブックナビ」(運営:オールアバウトナビ)の提供です

国土交通省によれば、海上国道は以下のように定義されている。

一般に地上につくられた道路あるいは構造物(橋や海底トンネル)はなくても、フェリーボートなどによって、道路と道路とを結ぶ1本の交通系統としての機能があると判断」できるもの。つまり、「橋や海底トンネルがなくても、フェリーなどで海を渡ることができれば、"海上国道”として認める」というわけだ。

次ページ海上国道は全国にいくつあるか?
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 日本資本主義の父 渋沢栄一とは何者か
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
三菱重工と日立 「統合」破談から<br>10年 製造立国の岐路

10年前に統合構想が破談になった三菱重工業と日立製作所。その後両社は対照的な道を歩み、2009年に伯仲していた時価総額は今や日立が大きく上回っています。本特集では明暗が分かれた三菱重工と日立を主軸に、製造立国・日本の生きる道を探りました。

東洋経済education×ICT