USJ、割安すぎる買収価格が呼ぶ"ある憶測"

IPOの目玉案件は、なぜ方針転換されたのか

ただ、上場準備を進める中で、8月下旬に日経平均株価が2万円を割り込むなど、株式市場の地合いが悪化。想定どおりの上場益を稼げるか、不透明感が漂い始めていた。降って湧いたコムキャストへの売却話は、まさに渡りに船だったのである。

大損が出ない仕組み

一方、買い手であるコムキャストにとって、本国を上回るUSJの集客力は垂涎の的だった。ブライアン・ロバーツ会長は発表会見で、「今後も投資を続け、家族が楽しめるアトラクションを提供する」と意気込みを語っている。

だが、不安がないわけでもない。「進撃の巨人」「妖怪ウォッチ」など、アニメやゲームの版権を取り込む独自路線を主導してきたUSJのグレン・ガンペルCEO(最高経営責任者)は、今回の買収に伴って退任。米国などでテーマパーク「ユニバーサル・スタジオ」を手掛けるユニバーサル・パークス&リゾーツのジャン・ルイ・ボニエCFO(最高財務責任者)が後任に就任する見込みだ。

これにより、日本の独自路線が影響を受け、ひいては回復基調にあるUSJの業績にもマイナスに働くのではないか、と危惧する声が上がっている。

こうした中、市場関係者の間では、こんな憶測が浮上している。日本での事業が想定どおりにいかなかった場合、コムキャスト主導でUSJを再上場させ、今回取得した株を売却するのではないか、というものだ。1830億円の出資であれば、仮に成長が鈍化し、再上場時の株式の時価総額が約7000億円から半減したとしても、大きな損は出ない。

この先、USJはいかなる道を歩むのか。それはひとえにコムキャストの胸先三寸で決まることになる。

「週刊東洋経済」2015年10月10日号<5日発売>「核心リポート02」を転載)

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 「米国会社四季報」で読み解くアメリカ優良企業
  • 岡本幸一郎の自動車情報発信局
  • 賃金・生涯給料ランキング
  • ニッポンの出産は安心・安全なのか
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
NHKの正体<br>膨張する公共放送を総点検

受信料収入が5年連続で過去最高を更新し、ネット常時同時配信への進出を見込むなど肥大化が進むNHK。一方でガバナンスに問題を抱えており、公共放送としての存在意義が問われている。事業体としてのNHKの全貌を総点検した。