最悪相場で株価が上昇した70社ランキング

買われている株には共通点がある

急落相場に負けなかった銘柄は?(写真:安ちゃん/PIXTA)

株式市場の不振が続いている。日経平均株価は、8月10日につけた直近高値2万0808円(終値)から、9月29日の安値1万6901円まで18.8%の下げに見舞われた。

株価急落局面で上昇したのは?

詳細なランキングは記事の最後に!

このような状況で株価が上昇したのは、どのような銘柄か。9月29日までにつけた高値と8月10日の終値を比較し、株価上昇率の高い順にランキングを作成した。

最新の『会社四季報』秋号の集計では、今期営業増益率予想は16.4%と、企業業績は悪くない(決算期変更、上場子会社などを除く3198社が対象)。前期実績の5.9%から加速する見通しだ。

だが株式市場は先の状況を読むため、今期業績が順調なことは織り込み済み。むしろ、中国経済の減速や年内にも実施される可能性が高い米国の利上げの影響など、来年以降を不安視しているとも考えられる。

次ページ8月10日から10%以上株価が上がった社数は?
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • コロナショック、企業の針路
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
文具業界を揺るがす動乱<br>「コクヨvs.プラス」の全真相

昨年末のぺんてる株をめぐる文具2強によるプロキシーファイト(委任状争奪戦)。両社のバトルには、8月に設立したプラスの卸子会社が2年前の計画で一度頓挫していたことにも伏線が。縮小する文具業界再編をめぐる壮絶な主導権争いに迫ります。