最悪相場で株価が上昇した70社ランキング

買われている株には共通点がある

急落相場に負けなかった銘柄は?(写真:安ちゃん/PIXTA)

株式市場の不振が続いている。日経平均株価は、8月10日につけた直近高値2万0808円(終値)から、9月29日の安値1万6901円まで18.8%の下げに見舞われた。

株価急落局面で上昇したのは?

詳細なランキングは記事の最後に!

このような状況で株価が上昇したのは、どのような銘柄か。9月29日までにつけた高値と8月10日の終値を比較し、株価上昇率の高い順にランキングを作成した。

最新の『会社四季報』秋号の集計では、今期営業増益率予想は16.4%と、企業業績は悪くない(決算期変更、上場子会社などを除く3198社が対象)。前期実績の5.9%から加速する見通しだ。

だが株式市場は先の状況を読むため、今期業績が順調なことは織り込み済み。むしろ、中国経済の減速や年内にも実施される可能性が高い米国の利上げの影響など、来年以降を不安視しているとも考えられる。

次ページ8月10日から10%以上株価が上がった社数は?
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • 実践!伝わる英語トレーニング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
消える仕事、残る仕事<br>1億人の「職業地図」

コロナ、AI、脱炭素――。私たちの雇用を取り巻く環境が激変しています。今後、どんな職業を選ぶかは死活問題に。2030年に向け「消える仕事」「残る仕事」36業種、「会社員の価値」がわかる9職種を掲載。本特集が職業を改めて考える機会になれば幸いです。

東洋経済education×ICT